海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
NPO活動基盤強化事業に応募するにあたり
今日の尾鷲は、異常に暑い。
嫌なムッとした風が吹いています。

さて、NPO活動基盤強化事業なる助成金があります。
2年半で最高1315万円も補助されるのですが、応募に関する提出書類も大量です。

 1.NPO活動基盤強化事業応募申込書(様式1)
 2.全体事業概要(様式2―1)
 3.年度ごとの取組概要、収支計算書(様式2-2)
 4.平成21年度事業計画書(様式3)
 5.平成21年度収支見積書(様式4)
 6.企画提案コンペ参加資格確認書(様式5)

以上の書類をそろえるために、HCD代表の吉澤が、初めての挑戦をしていました。聞き取りや打ち合わせをしながら、ほとんどを1人で作成しました。本日17時までの提出のために、津の本庁まで車を走らせていきました。

HCDは、東紀州に、中間支援を目的とした市民活動支援センターを設立したいと考えています。その機能の一部が、すでに今年より始動しています。前進の活動を含めると、ここまでくるのに3年かかりました。また、7月からは、事務局を運営するために、吉澤を含めて2名の雇用をします。そして、3人目も募集しています。

しかし、このセンターは民営です。そこに無理があるのですが、「ないものは自分たちでつくる」しかありません。「必要ないのでなかった」のではなく、「必要とする環境を提供してこなかった」からだと、この書類の作成の中で、吉澤たちと話をしました。少なくとも、カフエクリームや大同楽座は、県の事業から発生した取り組みを継続しています。それが、「おもろいやん」と感じたから、5年目の今もやっているのです。

カフェや大同楽座から派生したことは、あちこちで実を結び、何よりも人のネットワークを構築しました。その豊富な人材バンクは、海月の想像以上で、尾鷲出身の吉澤と共有できたことも大きいです。海月自身は、新たなネットワークづくりで、今月初めに新潟まで研修にいってきます。

書類は1次審査が通過すれば、2次審査はプレゼンです。そこまでは、なんとしても通過したいです。それだけの内容だと自負しています。半年間、吉澤が汗をかいてきた結果が、この書類にはちりばめられていました。

夏には、大同楽座はひとつの完成系に向かいます。
ボルダリングができて、石窯でピザやパンが焼ける日がやってきます。

これは、補助金が通らなくても進みます。
もちろん、センター運営の足がかりも継続します。
3名体制でやっていくなかで、この地域で生き残る術をみつけます。

それを共有するために、もう少しまい進します。

by kurage874 | 2009-07-01 19:08 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 想い出の矢ノ子峠が冊子になりました スタッフにお知らせ~イベント情... >>