海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
大盛況だった尾鷲イタダキ市
今日は、思い通りに晴れてくれました。

イタダキ市は晴れに恵まれているとは本当かもね。
c0010936_17341978.jpg


ペアでゆかたショーも、24組の参加がありました。
飛び入りもあって、目標20組を大きく上回りました。
スタッフ一同、ホッとしたところです。
c0010936_1736142.jpg


子どもや孫が出演すると、ばあちゃんやじいちゃんも見に来てくれるので、ステージ周りは人でいっぱいでした。最年少参加は、おそらく生後4ヶ月の赤ちゃんでした。なんとも嬉しい限りです。

協賛していただいた呉服屋さんの賞品も豪華で、出店者41店舗からの賞品も多彩でした。10組に配られましたが、中身がバラエティに富んでいて驚いたことでしょう。

司会進行も手馴れたもので、時間通りに進み、待ちくたびれのないショーでした。音楽も、田岡商店のDJが、つきっきりで演出してくれました。昨年とは違い、音に躍動感があってよかったです。

おまけ
c0010936_17391179.jpg
金曜日の準備


c0010936_17382412.jpg
今日の片付け


イタダキ市は、加盟店の中で担当する企画部会が、アトラクションなどを企画します。準備は加盟店全店に告知され、できる範囲の参加で準備や片付けをします。そこには、いつも市役所の担当課(新産業創造課)がてったいにきてくれます。

今日は、ほとんど全ての職員がてったいにきていて、それはそれでありがたいことですが、いなくては作業が回っていかない現実があります。単純に考えれば、加盟店が41店舗なので、1店舗1人でも41人が集まります。それだけいると、職員に動員していただかなくとも、作業は加盟店だけでできることになります。

もちろん、イタダキ市の趣旨からしても、市役所の参加は当たり前と見る向きもありますが、自前でできた上で、てったいしてもらうのが本来の理想です。いろいろと各店舗にも都合があり、思い通りにはいかないものですが、いつまで経っても子離れできないような歯がゆさもあります。

年間総売り上げが6千万円を超えていることからも、また、毎月1回年12回を予定通りこなせる体制があることからも、次のステップを考えながらやっていけば、この尾鷲イタダキ市は、東紀州の顔になるくらいの一大イベントになりえそうに思えてなりません。

市役所(行政)との協働はすばらしいことですが、ひとり立ちできる要素があるだけに、もったいない気もします。

さて、来月は、第59回おわせ港まつりとの共催です。

by kurage874 | 2009-07-04 17:55 |  owaseを愉しむ
<< 今日から尾鷲を離れ、新潟へ 明日はイタダキ市ですよー >>