海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
志縁◎循環プロジェクト
新潟に来ることとなったきっかけは、この研修を主催した「NPO法人起業支援ネット」の西井さんと知り合ったからです。その彼女を紹介してくれたのは、NPO法人津市NPOサポートセンターの川北さんだったので、「これも志縁なんだよね。」って感じました。
c0010936_13163362.jpg


全国から中間支援組織が来ただけあって、一般社団法人スロービジネスカンパニー(福岡県遠賀郡)、NPO法人場とつながりラボhom's vi(京都市)、コミュニティ・ビジネスネットワーク岡山(岡山県)、多文化共生リソースセンター東海(愛知県)と多彩な顔ぶれでした。新潟で迎えてくれたえにし屋も、清水隆太郎さんをはじめ、新潟NPO協会常務理事の金子洋二さんなど、新潟の率先市民と交流することができました。
c0010936_13172636.jpg


点塾でオリエンテーションし、宮尾農園で『有機農法から学ぶ生産者と消費者の新しい関係づくり』を学び、昼食は、地元豊栄の素材をふんだんに使ったトラットリア・ノラクチーナで食べました。このレストランは、古民家を改装した広いフロアで、たくさんのお客で行列にちかい順番待ちでした。イタリアンの素材には、豊栄名物のトマトがはずせないと言うことで、ふんだんに使われていました。
c0010936_13175563.jpg


午後からは、白山神社の鳥居を起点に広がる古町通りを見学し、上古町商店街の一角に産直の店舗を構える「mide in 越後」で、『商店街でマチとムラ、都市と地方をつなぐ流通おこし』を学んできました。地方都市の商店街は、空き店舗のシャッター街が定石となりつつありますが、その中で踏ん張っている、踏ん張ろうとしている姿も定石です。このあたりに、ちょっとした復活の兆しがみつかるのかも知れません。
c0010936_13184982.jpg


商店街もひと通り歩きましたが、毎日生活している人の利便性と、海月のようにふらっと立ち寄る旅人が望む昭和のノスタルジーとは、まだまだ温度差があります。温度差は埋める必要もないのだけど、利便性でやりきるのなら、シャッター街をできるだけなくすことだろうなあって感じました。たとえば、大手スーパーやショッピングセンターが、大店舗の中で営業するのではなく、商店街の全ての空き店舗で分散営業できたら面白いかも知れません。
c0010936_13191374.jpg



(つづく)

by kurage874 | 2009-07-08 10:09 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 点塾でNPOを体感する 新潟県の自給率は99% >>