海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
点塾でNPOを体感する
新潟での1日目、その日の午後は、志縁者座談会でした。

新潟で、NPO活動の祖といわれている清水義晴氏、同じく新潟で、率先型老人福祉の先駆者である河田珪子氏、今回のツアーを主催したNPO法人起業支援ネットの創始者である関戸美恵子氏の3人が登場しました。

海月にとっては、はじめての対面であり、このツアーの前に予習した程度の人たちでしたが、NPO活動には欠かせない「知る人ぞ知る」存在とのことで、会場となった点塾には、熱気以上の緊張感がありました。この緊張感以上に、海月は熱気の暑さに辟易しました。なんとも環境に弱い人間です。
c0010936_23504275.jpg


座談の内容は、書いてしまうことよりも、参加した私の特典として、頭の中の引き出しに入れておくとします。もちろん、私と直接に話を交わすときには、この内容は喜んで話をします。意地悪のつもりではありませんが、書いてしまうと、まとまりのない文章になりそうなのと、ブログ自体が長くなってしまうからです。それほどに、たくさんの事例や理念や哲学の話をされたので、ぜひ私から聞き出して欲しいと考えています。
c0010936_2350565.jpg


しかしながら、この話を聞いた一番の感想は、「今の時点では、私の考えに変化はおきなかった。」です。海月が尾鷲やのこ地域でやっていることが、さほど間違いではなく、進んでいる方向は◎ということが確認できたのがよかったです。それ以上の体験や苦労を、講師役の3人はしてきているので、「私がもっとやれることはあるな。」と感じました。これが再確認できただけでも、海月にとっては大きな収穫でした。

(つづく)

by kurage874 | 2009-07-08 23:51 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 新潟研修のクールダウン 志縁◎循環プロジェクト >>