海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
田舎で生き抜くということ
雨が降ってきました。
22時15分には、三木里インター線が通行止めになりました。
同じ尾鷲でも、雨の降り方が違うので、これが最近の雨の怖さです。

さて、東紀州コミュニティデザインセンター(HCD)では、今年1月より、コミュニティビジネスの可能性を探る事業を展開しています。巷で耳にする「コミュニティビジネス」が、はたして利益が出る事業なのかどうかを検討していくためです。これは、東紀州で必要かどうかも含まれています。

NPOやNPO法人、ボランティア、市民活動など、さまざまなコミュニティが誕生し、いつしかビジネスをしなくてはならない世の中になりました。行政の公的資金だけで活動していていい時代は、とっくに終わりを告げていて、「自分のことは自分でやってい」という、当たり前と言えば当たり前な時代になっているのです。

それに追いついてこれない活動は、おのずと衰退し、「行政は金も人もださんのかいな!」という悲痛な叫びとともに、消えていくしかない現実を、海月たちは目の当たりにしてきました。それでも、東紀州にはまだまだ資金源があるようですが…

協働や新しい時代の公と、言葉ばかりが先行し、地域と行政の格差は出る一方です。同じ行政でも、県と地方自治体の温度差もあるように感じます。そこでいつも右往左往するのは、間違いなく市民であり、率先するほどに、市民の力がぼやけていくようにも感じます。

「中間支援」と言う言葉も、海月が使い初めた4年前に比べ、行政では当たり前に使うようになっています。その当時は、「それって、行政の仕事やん」で一蹴されていたのが、いまや「コミュニティビジネス」などの言葉もひっついて、第3の市民として必要性が語られるようにもなってきました。ちなみに、第1が市民で、第2が行政です。

その中でHCDの事業は5つあります。

拠点となる大同楽座は、この3年でアートとイベントスペースに発展してきました。投資しただけあって、3年目で黒字に転換しそうです。しかし、管理運営における人件費までは捻出できていないので、ビジネスとしては赤字です。

その5つをあげると、

 1.ボルダリング事業(大同楽座)
 2.石窯事業(大同楽座)
 3.まんてん便事業(東紀州特産品事業)
 4.アウトドアレース事業(東紀州自然活用事業)
 5.カフェ事業(第3の拠点事業)

になります。詳細は、東紀州コミュニティデザインセンターのブログにお任せするとして、これだけの事業をするために、結構な投資をしてまで、「これが活動の原資を得るためのコミュニティビジネスになるのか?」を見極めたいと考えています。

1、2、3までは、それなりに順調に進んでおり、5についても検討に入っています。4については、計画だけで進んでいませんが、これもビジネスにつながるとにらんでいます。この5つの事業は、どこかでリンクし合う事業ですが、わずか2名の人員で進めています。その分、事業は遅れていくのですが、人件費を出しているだけに、あまり無理もできません。

これからの時代、コミュニティビジネスで生計を立てていくには、まずもって無理だと感じています。しかし、この分野でも収入を得ることは大事な要素ですので、収入源は多方面からということになるでしょう。そこに、行政の支援があってしかりと考えますが、ビジネスとコミュニティビジネスの境目がなくなってくることも考えられます。

もっと言えば、現在の世の中は、この分野だけで生計が立てられる現実があります。この分野に行政の資金が投入されやすくなっているからです。なので、コミュニティビジネスをやるというだけで、立ち上げ資金や運営資金が投入されている話も耳にします。それはそれで、海月たちのように自前でやっている分にはうらやましくも感じますが、公的な資金がほぼ全ての事業は、毎回似たような事業費を獲得し、本末転倒に似た繰り返しをやっていくしかないとも感じます。

率先する市民同士はつながりやすいですが、自治体に住んでいる住民が市民となりえる要素を阻害しているとも考えられます。ただ住んでいる人も自治体の住民であり、ここに響くことができれば、地方自治体の衰退も止められると考えています。仕組みづくりを考えることも大切ですが、率先してやっていくことも大事ではないでしょうか?

だから、HCDでは事業展開をしながら、コミュニティビジネスを追求し、田舎でも生計を立てていける道を探っているのです。これはトライアンドエラーの法則で、いつしかエラーを最小限にしていくことです。そのためのフェイルセーフ(fail-safe)として、収入源は多方面でとなるのです。

さて、言いたいことがまとまらずに駄文的に書いてしまいましたが、東紀州でもできることはあるはずです。田舎で生き抜くということは、ひとつにこだわらないことかも知れません。いや、こだわって生きていくことも大事ですが、コミュニティビジネスや中間支援と言う分野で生きていくには、多くの理解と協力が必要です。

そのために、生きた金を使っているといいたいです。
その可能性のために、海月は踏ん張っています。

by kurage874 | 2009-07-28 23:59 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 山で暮らす、川に生きる クリームラボガレージセールのお知らせ >>