海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
NPO活動基盤強化事業公開プレゼンテーション
先月31日、アスト津に行ってました。

東紀州コミュニティデザインセンターが応募した、NPO活動基盤強化事業の1次審査が通過し、2次審査となる公開プレゼンテーションが開催されたからです。この応募には、代表の吉沢が、1次審査の申請書類から、2次審査のプレゼンテーションまで、彼が苦労してきた経緯を見てきました。

今日の海月の役割は、大同楽座の写真を見せるパソコンの操作のみで、全て彼が事業を説明し、質問に答えました。ここに来るまでに、たくさんのイベントをこなし、HCDの事業であるまんてん便の7月分を発送し、それこそドタバタの中で進めてきました。思い起こせば、申請書類の作成も、締め切り当日の朝4時半までかかって、津まで手渡し提出してきたのです。
c0010936_2257503.jpg


彼の説明は、親心を引き算しても、なかなかでした。
海月が繋いできたものを、彼が引き継いでいく状況がみえました。
それ以上に、彼らが面白く発展させていく可能性を感じました。

しかし、それが選考員や運営委員に伝わったかは別です。
残念ながら、彼は運営委員の質問に応えることができませんでした。
選考委員も、この事業の難解さを口にしていました。

ちょっと、時代の先を走っている気がしました。
自分たちのしたいことが、その地域のためになるのは確かですが、それがビジネスかコミュニティビジネスかといえば、それを判断する人材が少ない気がする気がするからです。そんな質問ばかりが出ていて、「NPOがそもそも金を稼ぐなんてできないんでしょ。だったら、何を強化したいの?」って感じがしました。万人にうける事業でないことは明らかなのに、対象者があやふやであると、とたんに厳しい質問になってました。

誰に響くかは、実はわからない事業です。

確かに、対象者は必要ですが、今まで気にしなかった層が響くかもしれません。それが、ビジネスとまではいかなくとも、コミュニティビジネスくらいのスタンスで待ち受けたい事業なのです。住んでいる人たちは、実はそれほど率先市民ではありません。でも、何かのきっかけで、率先する立場になるかも知れません。その種は、それぞ違っているし、いつ芽を吹くかもわかりません。だからこそ、少ない層になるかも知れないけれど、東紀州の自然環境の保全にも繋がっていくきっかけつくりたいと考えた事業なのです。

それにしても、厳しい質問には、「1次審査を通過した時点で、この事業の継続の可能性は、他の落選した事業よりも上であったことに違いないはず。なのに、いまさらこの事業の継続に不安視するのは、本末転倒なのではないか?」と感じました。

HCDの提案は、応募された57の事業が、20事業に絞られたうちの1事業でした。37の事業よりは、事業の継続の見込みはあったろうし、「そもそも継続可能?」というような質問はナンセンスでしょう。結果はまだわかりませんが、この事業が2次通過をしなくとも、HCD単独で事業は継続されていきます。この事業の意味するところは、私益以上に公益性が高いことです。

その現場である、拠点となっている大同楽座は、実は県の事業から発生したことを、海月は忘れることなく繋いでいるつもりです。

by kurage874 | 2009-08-01 23:31 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 賑わいこんだ尾鷲イタダキ市 8月のカフェ営業日 >>