海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
自立支援が市民活動に繋がるかも…
ようやく晴れました。
すっきりしませんが。

市民活動支援センターが、自立支援センターになってしまいました。

東紀州コミュニティデザインセンターの職員2名が、昨日付けで退職しました。突然のことだったので、事後処理に追われています。海月を含めた3名体制になったばかりだったので、全部を一人で対応することになりました。なので、カフェはなかば休業しながらの営業となります。

とりあえず、東紀州コミュニティデザインセンター主導の事業は全てストップです。ボルダリングも石窯も、カフェ事業もです。マウントレースもまんてん市事業も白紙です。なんとか、8月の大同楽座楽市だけは、開催しますが、このままだとそれ以降は規模縮小です。

また、8月からは、owasebon制作委員会やプロジェクトCReAMの事務局を、HCDが委託することになったので、中途の会計処理だけでもけっこうあります。会計報告書もできていないので、面白いほどに仕事が増えました。久しぶりのフル回転です。

再び、1日5千円で仕事をしてくれるHCD職員を探すことになりますが、そのまま放置プレイを続ければ、今年いっぱいで全てが停止しそうです。owasebonも、プロジェクトCReAMもです。そうならないためには、海月が踏んばりきるしかありません。関わってくれる人たちを、いま以上アクセクさせないためには、誰かが必死こかななりません。

うーん、大きな壁が立ちはだかったぞ。

わが国は、若者の自立支援に力を入れています。支援をしなくては、自活ができないと言うことです。三重県においても、近々自立支援のイベントをやるようです。若者が自活できるように、行政としててこ入れする時代になりました。「いったい、教育はなにをやってきたんだよ!」って感じです。それを、身にしみて感じた出来事です。

明るく考えると、市民活動の支援よりも、自立支援の必要性が高いかもしれません。まずは、自立や自活ができないと、市民活動はできないと言うことです。それがわかっただけでも、今回の件で収穫がありました。テンション下がる事態でも、何かを得ないと割り切れないしね。

よーし、自立支援もテーマにしちゃえ。

市民活動やボランティア活動をコーディネート、つまり中間支援をするには、まずは自立や自活ができる人材が必要です。しかし、自立や自活を促すこともできれば、その人材を活用することもできます。それが、この世界から離れることになっても、この地域で共に活動していく人材と考えれば、理解あるコミュニティが広がることにも繋がります。

思い返せば、今までこっちの世界に来た仲間たちは、離れていったあとで、自立や自活をしています。それまでは、親元で生活していた人も、他所で独立したり、結婚したりと、カフエクリームや大同楽座、owasebon制作委員会やプロジェクトCReAM、HCDというフィルターをくぐって、今までになかった自分を見つけているように感じます。

反面教師にすることも当然あるだろうけど、多くは、「探せなかった自分」を見つけたのかも知れません。そう考えると、自立支援の方がしっくりくるじゃないか!と思います。

はやる気お持ちを抑えて、まずは事後処理だけどね。

by kurage874 | 2009-08-11 14:31 |  東紀州コミュニティデザイン
<< ステキ、ステキ、ステキ 豪雨と地震 >>