海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
世界遺産と熊野古道で何が変わったのか?
熊野古道国際会議プレミーティング2に参加しました。
c0010936_0124133.jpg
40人近くいたかいな


最初に、筑波大学の稲葉信子教授のレクチャーを受けました。
稲葉教授と言えば、国際記念物遺跡会議(ICOMOS)での文化遺産の保全などで先駆的な方です。レクチャーの内容も、「世界遺産熊野古道を将来に伝える方法」との演題で、以下のようなキーワードで話されておりました。

◆気になったキーワード
世界遺産が教えてくれること、文化的景観の保全→熊野古道、文化的景観が教えてくれること、カストディアン(護る人、第一の門番→田中利典)とキャパシティビルディング(人材育成)、文化的景観の果たす役割→社会変化への警鐘を鳴らす役割、1864年「人間と自然」JPM著、産業革命の反動で生まれた、文化遺産と自然遺産の融合→世界遺産条約の役割、なぜ、今文化的景観なのか?、持続可能な自然保護、処方せんは無い、無形文化遺産条約は文化的景観のこと、欧州評議会、必要な便利とそうでない便利、現地の人に考えてもらう、アジアンアカデミー、アフリカンアカデミー

なるほどと思うことが多く、「必要な便利とそうでない便利」がもっとも的を射た言葉でした。そして、あくまで「現地の人に考える機会を与える」ことを理念としているので、これも納得がいくものでした。できれば、こう言った話やこのあとのグループミーティングは、県立熊野古道センターのコーディネーターにも受けて欲しいと感じました(仕事で忙しいでしょうが…)。

このあとのグループミーティングは、4班に分かれてでしたが、歳を重ねている人ばかりが時間を気にせずに話をしている印象でした。まあ、私も気にしながらもよく話をしましたが、「若い人は関心が無い。」と言いながら、「その機会を与えない」矛盾がここにもありました。また、時間が短いミーティングでは、ファシリテイトやコーディネートが要となるので、散漫的になてしまうのは仕方の無いことかも知れません。

とりまとめの発表で気になったことは、「世界遺産登録があったから、この地域は活性した」のか、「地域が活性したから、世界遺産登録のきっかけをつくった」のかが、それぞれで受け止め方で違っていることでした。

また、課題として最も多くあげられた、「熊野古道を学ぶ教育の機会がない」、「地域活動を評価する機会が少ない」ですが、「(こういった会議に出てくるぐらいだから)参加者は十分にやっているという自負があり、やっていない人に対してそうみえてしまっている」とも捉えることができます。それは、私にも自戒としてあるのですが、これこそが、官民の連携を深める機会が少ないことに起因していると考えています。

行政で言えば、平等公平と言いながら、体よく動いてくれる市民にばかり着目し、同じ顔ぶればかりが、行政の紐付きで市民活動やボランティアをやっている現実があるようにも感じます。新しい発掘をしていないこともないでしょうが、この地域の有名人は、必ず行政の影がついてまわります。まあ、それを否定はしませんが、その結果のひとつが、先ほどの課題としてあがるのかも知れません。

今後の行政がすることは、稲葉教授も言っているような「考える機会を与える、それをバックアップする」ことで、それは「事務局を行政で受け持ったり、行政職員が率先して行動する」ことではありません。これが、この地域では特に顕著にやってしまっている気がするので、自治体ごとの連携が取れていない原因にもなっています。また、県と地方との連携も同じで、これが市民主導であれば、風のように繋がっていくはずですし、そうでなければ残りません。

そのためには、地域の多様性をつなぐ役割として、中間支援のような組織が必要不可欠なのですが、法人を含めたNPO組織の連携が皆無のごとく取れていない現状もあります。これは、新潟NPO協会のような先駆者に学ぶべきところです。行政が率先してやってきたことの次の担い手として、この中間支援の強化とNPOの連携を期待してHCDをやっていますが、たぶん目の黒いうちは実現しない勢いです。

でなければ、地方自治体は、あるいはこの地域は、行政におんぶに抱っこのままで衰退していくまでです。毎回毎回、「若者に関心が無い」、「財政がひっ迫して余裕が無い」の無いない尽くしで疲弊するだけです。本当に必要ならば、私財を投げ打ってでもやればいいので、私もやるだけやってアカンかったらやめるだけと決めています。もっといい方法で、誰かが反面教師で実現してくれればいいぐらいの気持ちです。

今日の会議は、10月31日の熊野古道世界遺産国際交流シンポジウムへと繋がっていきます。前回の熊野でのプレミーティング参加者を含め、今日の参加者もそれぞれ分科会に参加します。この流れが面白いと感じながらも、これが市民主導で行われる機運になっていことにも、正直なところ情けなさを感じてしまいます。

と、言いながらも、他の率先している市民の皆さんとともに、この分科会にも参加するのですが、本当ならば企画側にいるべき姿が、本来の理想の姿だと感じています。与えられたフィールドでやっている自分の姿は、HCDの目指すところではないからです。まあ、その力が無いのでしょうがないのだけど…

これが、この地域の弱さかも知れません。

うーん、毎回こんなにでると凹むのは確かです。

※オマケ
どっちの景観がいいですか?
c0010936_1341635.jpg


c0010936_1343575.jpg


なんだかやっていることと、現実がチグハグに感じます。

by kurage874 | 2009-10-11 00:43 |  海月のぼやき
<< 身近に生き物に出会えるまちが尾鷲です 泣きじゃくるびゃあこに降参しかけ >>