海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
第2回市民活動(支援)センター情報交換会に参加する
1回目に引き続き、2回目の参加です。

事前の内容は、以下の通りでした。

■方法
 ・グループに分かれて一人5分のプレゼンテーションをおこなう(全員)
 ・他の人のプレゼンテーションについてチェックシートを記入する
 ・一人が終わる毎に5分の質問タイムを設ける
 ・プレゼンテーションの内容は次の2点について
 ①所属しているセンターまたは担当している部署の目的と活動内容について
 ②過去3年間に実施した事業(活動)の中で成功した代表的な事例
 ・資料について
  プロジェクターは使いませんので、配布資料がありましたらお持ちください。
 ・グループで感想、意見の交換
  アンケート用紙に感想を記入してください。
  プレゼンテーションの準備のためどのような話し合いを持ったかなど、グループで共有してください。

参加していた22団体・組織のうち、15団体が市町の担当課でした。表題の市活センターの参加が少なかったので、情報交換とまではいきませんでした。関心を持っている自治体行政の参加は評価できますが、市活センターが出てこなければ、HCDとしては物足りなさがあります。

3班に分かれた私の班では、コーディネーターがいせ市民活動センターの浦田さんで、そのほかは全て行政でした。なので、行政から見た市活センターの必要性については、大変に参考になりましたが、うらやましくなったのが正直なところです。ちなみに、尾鷲市の参加はありませんで、尾鷲庁舎からの参加がありました。

言葉の定義はそれぞれですが、市民活動センターと言われる、市民活動を支援する組織は、尾鷲では東紀州コミュニティデザインセンター(HCD)だけです。東紀州においては、紀宝町にも市活センターがありますが、このような場所でお会いしたことがありません。

HCDがやっている市活センター業務は、おもに中間支援になりますが、イベントにおける事務局も、肩代わりをしているので、これも中間支援と言っていいかも知れません。これまた言葉の定義ですが、紹介しているネットでの内容を見れば、HCDはこれにあてはまっている活動をしています。

ただし、全てをまかないきれているわけでなく、組織として成熟もしていません。行政からの支援があるわけでなく、お山の大将のように名乗ってやっているだけと言われれば、それだけのことかも知れません。しかし、ごみナビや灯りイベント、古本大市など、依頼を受けて中間支援している事例はあるし、こうして三重県内の市活センターとして、こうのような会にも参加しています。最近では、NPOについての相談を受けることも出始めています。

ただ、もう少し行政との関係を構築する必要性はあります。行政にとっては、HCDが担っている事業や業務内容は、今後の住民自治を考えた上でも、重要なことに感じているので、その出先機関として認知してもらいたい気持ちがあります。組織として弱い部分があれば、その強化や支援に知恵を出して欲しいのです。HCDは勝手に市活センターを名乗って活動をやっているので、行政からの認知の必要性は議論になるのかも知れません。しかし、「東紀州の尾鷲には存在しない」とは違うので、やっている事業の評価くらいはして欲しいものです。こちらも民営でやっているだけに、リクエストだけが増えて、行政からの認知があいまいでは困りごともでてきます。

機会があれば、このような会には参加し、HCDのスキルアップをやっています。これは個人の戯言ではなく、東紀州での公益を考えた活動です。その点では、owasebonやプロジェクトCReAMの活動とも異なります。間接的に活動することが多いので、HCDの存在によって、owasebonがスムーズに発行され、プロジェクトCReAMが毎回のようにイベントを打ち続けられているとも言えるのです。

押し寄せてくる住民自治の波を、中間支援などの市活センターでワンクッションおこうとしている自治体行政が出始めているので、HCDの存在感もますます出てこなくてはなりません。大いに期待していますが、すっきりしていない気持ちもあります。さまざまな場面で、直接的に活動する組織が存在しているだけに、あとは中間支援を目的とした市活センターの充実が求められています。

そこに、HCDは光を見出そうとしているのです。

by kurage874 | 2009-11-10 19:46 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 傘がない 育つ、育てる、育てられる >>