海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
名古屋市でDIGに参加する
昨日は、朝5時に起きて、5時半出発で伊勢中川へ。

1日500円の駐車場へ車を停め、近鉄特急に乗って、名古屋まで。
三重県の防災仲間と落ち合って、地下鉄名港線で日比野駅へ。
少し歩くと、名古屋国際会議場に辿り着きました。今日の会場です。

以前、デザイン博が開催された会場で、建物が異様にデカイ。
センチュリーホールと聞けば、コンサートやらライブ会場で有名です。
中庭?に見える背を向けた大きな馬と人の像が、なんともバブリー。
維持するのに大変だろうなと見渡しつつ、今日の会場へ。

そこには、名古屋市16区の災害ボランティアセンター(DVC)が集まっていました。会場内の16区のテーブルと、それを統括する本部のテーブルには、肩が触れ合うほどの人で埋まっていました。なんと、その数約200人!スケールが違います。
c0010936_1182633.jpg


16区すべてにDVCができたのは、つい最近のことで、ほとんどの区ごとに、民間・区役所・区社協の区民や職員が集っていました。それぞれの職域でDVCを形成してるところが重要で、これがまさしく協働です。実際にDVCを運営することになれば、区役所や区社協の関わりは本来業務に没頭することになるので、民間を主にしている想定にも納得です。

これは尾鷲市や東紀州地域には未整備といえる組織なので、海月はここの重要性を実現させることが、尾鷲に住んでいる大きな理由の一つにもなっています。そのために、5年の歳月がかかりましたが、その次の1歩となる東紀州防災ボランティアコーディネーター養成講座が開催されます。

これが、私なりの防災であり、その到達点までの減災活動になります。名古屋にこうしてきているのも、きっとそのときのためになるからで、これは未来というよりは、将来への投資のような活動です。
c0010936_11915.jpg


今日のDIG(災害図上訓練)は、震度6弱の東海・東南海地震の発生に伴い、区のDVCの設置が検討されることから始まりました。想定では、災害発生から3時間後に、区社協かそれに準じる場所に、DVCのスタッフが自動参集しているので、この時間設定もある意味現実的です。「DVC設置の検討が発災後3時間とは早いなあ。」とも考えましたが、日ごろの訓練で培っていれば、3日後に設置されるというDVCの検討は、この時期にすでに始まっていてもおかしくはありません。

海月が参加した熱田区では、DVCが組織化されて間もないということで、「自動参集できるかしら?」、「社協がある建物の6階では、実際にはDVCは設置できないね。」などと、この訓練を機会に、新たに議論したり発見があったりと、前向きな意見がたくさんでていました。途中から、海月はファシリテイトを意識しながら、自分の知識と実体験を披露しつつ、熱田区のDVCがどのように設置されていくのかのきっかけ作りをやりました。

熱田区は、西の堀川と東の新堀川に挟まれたまちで、その間に位置する熱田神宮の杜が有名です。熱田神宮の南側には、七里の渡し跡があって、江戸時代はここから先が伊勢湾ということを意味します。また、熱田の杜付近から丘陵地のようになっていて、北にまっすぐ続いた先が名古屋城となります。なので、堀川の東側は標高がありますが、西側は海抜が低くなっています。道路事情からみると、東西を国道1号線が、南北を国道19号線が走っており、熱田の杜の先で、両者が交差しています。これらは、災害発生後には、災害優先道路になるとのことです。

この熱田区で想定の地震が発生すると、堀川の東側が液状化に見舞われ、この一帯には古い建物や高齢者が多く居住していることから、甚大な被害を受ける予測ができます。また、JR熱田駅から名鉄神宮駅までには、空き家を含めた古い商店や住居が密集していることから、家屋の倒壊や火災などでの延焼が懸念されるということです。七里の渡し跡がある堀川と新堀川の合流地点周辺では、伊勢湾からの津波被害も予想されるとのことなので、ここから南側は、海抜によっては床上などの浸水被害も想定できます。

これらの被害想定をしながら、DVCの設置場所で意見が交わされ、「自家用車などの流入は期待できないから、ボランティアはチャーターバスか、復旧した鉄道でやってきますよね。だから、大型バスが回転できることも重要ですよ。」と投げかけをすると、「駅前に市有地があるだわ。」との話になり、区役所や社協、駅にも近く、路面がアスファルト舗装されている敷地への設置が決まりました。これは、この訓練で発見できたことなので、今後の熱田区のDVC設置訓練の実地では、実際に現地でやってみることも可能となります。
c0010936_11501475.jpg


被災状況や拠点施設のマーキングやポストイット地図上に押し込み、昼食を挟みながらの意見交換のあとには、立派なDIGとなっていました。熱田区DVCでは、今回は初物が多かっただけに、後日のおさらいなどやれば、もっともっと自分の頭に入っていると感じました。何よりも、コーディネーター養成講座を受講した意識ある区民が集まっているので、行政と社協の後押しがあれば、高齢化率が区内で最も高い熱田区でも、行き届いたサービスが提供できるはずです。また、名古屋で何か災害があったときは、海月は熱田区を目指してやってきます。

朝10時から、夕方の4時半までの長い訓練でしたが、16区すべてが集まった初めての訓練としては、きっかけづくりに成功したイベントとなりました。また、三重県から駆けつけたスタッフにとっても、広域連携を視野に入れた活動のきっかけになりました。海月にとっても、尾鷲や東紀州地域の災害を想定してもらうことができたので、少なくとも、この地域で何か災害が起これば、熱田区のDVCが何らかの支援をやってくれると信じています。と、話してきました。

この日も、恒例のように、打ち上げの交流会が開催され、2次会まで誘っていただきました。後ろ髪をひかれるように、最終まであと1本の近鉄特急に乗って帰ってきましたが、クールダウンをこうしてやっている名古屋市の防災仲間の意識の高さには脱帽します。ここでは、酔いもあって楽しい話ばかりになります。

災害発生後におけるDVCの設置などは、いまや当然の仕組みとして全国的に活発化しています。その設置までの道のりも、より組織的になっており、ボランティアが担える分野からは遠ざかってきている印象も受けます。それでも、被災者という明確な対象がいる現場でもあるので、組織としてのかかわりには人の心が最優先される場面でもあります。

最近気になっている課題を再認識した訓練にもなったので、いつかは話題にあげて意見交換しなくてはとも感じました。それでも、こうして名古屋の率先する防災仲間と交流していることが、何よりの顔の見える活動として、この地域でも力を発揮してくると考えています。

by kurage874 | 2009-12-24 11:48 |  市民減災まちづくり
<< 押井守のアサルトガールズ 冬至なので、正しくゆず湯に入る >>