海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
二重被爆の上映会と、「戦争を知らない私たちに」語り継ぐ夕べ
表題の打ち合わせをしました。

近々、この指止まれ方式で、実行委員会を立ち上げます。
東紀州コミュニティデザインセンターは、中間支援として活動しますが、事務局を持つことになりました。来週初めには、必要な資料や人材確保をはじめます。

開催までのスケジュールは、このような感じになります。

 本日…事務局打ち合わせ
 来週初め…参加資料作成
 来週末まで…資料配布・依頼
 2月8・9・10日のいずれか…実行委員会立ち上げ会議
 2月第2週…第1回実行委員会開催
 2月第3週…小冊子作成
 3月第1週…第2回実行委員会開催
 3月第2週…小冊子完成
 3月第3週…上映会開催

上映会の設定を、3月第3週にしていますが、実行委員会で違った話になれば、もちろん先送りも可能です。現状では、「ちょっと急だね。」と言われそうですが、年度末までの開催を意識した計画だからです。しかし、先送りした場合は、小冊子の内容が濃くなりますので、この辺も議題になりそうです。

いずれにしろ、上映会は1時間ほどで終わる内容なので、その前に、1時間弱で語る会を開催します。この話を担当してくれる人材にも目星をつけていて、明日より事務局が行動開始します。小冊子は、東紀州に的を絞り、当時の様子や記録を掲載し、上映会と語る会で配布します。ただし、無料で上映も配布もできないので、前売り1,000円(小冊子付き)くらいの有料開催となります。ただし、想定している会場は、利用料の関係から、100名ほどがキャパなので、2回上映で約200人限定となる想定です。

また、ぜひとも、小中学生には、上映会くらいは無料で鑑賞してほしいので、関係者との折衝も必要かと考えています。映像を管理する配給会社とは、既に折衝を始めていますが、「次の世代に語り継ぐ」ことへの理解もあり、無料上映などもなんとかなりそうです。そうなれば、上映自体は3回になり、生徒が出やすい時間帯なども考慮に入ります。

とりあえず、実行委員会での議題になるのですが、ここまでの想定を話し合い、言いだしっぺたちが頭に描けるくらいの提案もしたところです。HCDが事務局を持つということは、海月の忙しさに比例してしまうのですが、この企画は絶対に引き受けたいと感じた内容でした。あとは、この指とまれをどれだけの個人や団体がしてくれるかで、規模や範囲は大きくなります。
c0010936_02088.jpg
写真が山口さん


二重被爆は、広島と長崎で2回の被爆を体験した人たちです。わかっているだけで、直接被爆者は9名ほどいるそうなのですが、その中の一人であった山口彊(つとむ)さんのことが、ちょっと前の報道ステーションで紹介されていました。しかし、その山口さんも、昨年末に癌で亡くなっています。亡くなるまでの人生で、長い間沈黙を守っていた山口さんでしたが、あることをきっかけに語り継ぐようになりました。その活動は、やがてはアメリカ本土にも及び、『原爆』という映画を監督するジェームズ・キャメロンにも大きな影響を与えることになります。

これらの上映に加え、この地域の戦争体験を語り継ぐ企画になりますので、民間が主導するちょっとした平和学習にもなりそうです。なので、政治や宗教や組織・団体などの枠を超えて、未来の子どもたちに残すイベントになればと考えています。また、海月のような戦争を知らない世代が多くなる中で、できることといえばこれくらいしかない現実が、今回の企画に繋がっています。

ぜひ、興味を持った方には、この指止まれをしていただき、尾鷲発の開催を目指していきたいと考えています。

◆お問い合わせ(資料でき次第に詳細は報告します)
 二重被爆上映会実行委員会 事務局 端無(0597-22-3335)
 他、世話人3名

by kurage874 | 2010-01-23 00:07 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 東京の空は冷たく青く、空気が凛... 二重被爆の上映会開催に向けて >>