海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
東京の空は冷たく青く、空気が凛としていた
議員活動で東京に行ってました。

1泊2日の行程でしたが、移動以外、目的地の千代田区を離れませんでした。
c0010936_2154763.jpg


目的が政務調査視察であったので、カメラ片手の路地歩きやカフェ巡りはしませんでしたが、せっかく正装して東京にいるのであれば、どうしても行っておきたい場所がありました。
c0010936_2157050.jpg


一つは、靖国神社です。
要職にある国会議員の参拝が物議を醸していますが、素直な気持ちで、戦争を知らない私ができることとして、一度は参拝に行っておきたかった場所でした。TVや関係する映画でしか知らなかった場所ですが、広大な敷地で、予想以上に里山的な自然がいっぱいでした。これは、東京の皇居周辺にいえることですが、大都市でありながら緑が多いと感じます。
c0010936_21571739.jpg


鳥居をくぐると、賑やかでありながらも、違った空気を感じました。それは、私自身の気持ちの変化からですが、ただひたすらに、世界の平和を願うことしかできませんでした。

次に、もう一つの行っておきたい場所である、千鳥ケ淵戦没者墓苑に歩きました。
c0010936_2212128.jpg


靖国神社からも近いのですが、こちらの空気は全く違っていました。閑散としていることもありますが、物静かに鋭く訴えているようでもありました。それは、声なき声で埋葬されている引取り手のない無名戦没者であるからかも知れません。
c0010936_22153236.jpg


ここを、無名戦士の墓地のような整備をすることで、靖国神社の問題を回避しようとの声もありますが、私はどちらがいいのかわかりません。ただ現実として受け止めることは、名もない戦没者が埋葬された鎮魂の地に違いなく、どちらも戦争が引き起こした悲劇に変わりありません。

ただ、靖国神社が参拝者でにぎわっていただけに、「同じ戦没者なのに」と感じたのも確かです。私にとっては、靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑は同じ捉えで考えているので、双方に足を運べたことで満足しています。ここでも、ただひたすらに、世界平和を願ってきました。

東京で食事以外に訪れた場所は、政務調査の会場とホテル、そして、ここの2箇所だけでした。あとは、駅から駅への移動だけで、「遊びで来たくなるだけの魅力はさすがだなあ。」と感じました。さすが、天下の大江戸だけあって、要所要所に新旧が入り混じっています。この辺の魅力は、NHKのブラタモリと同じ感覚ですね。

これで、長年の願いがまた一つ叶いました。

by kurage874 | 2010-01-24 22:32 |  諸国漫遊記
<< 酷使した携帯電話の寿命が近づく 二重被爆の上映会と、「戦争を知... >>