海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
市民活動が住民自治へ繋がるというお話
アスト津に来ています。

第3回市民活動(支援)センター情報交換会に参加してきたのですが、講師役のIIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] の川北秀人氏の講座がユニークで現実味がありました。
c0010936_2103050.jpg
講師の川北氏


その前に、この交換会には、参加者名簿を見る限りでは、公設公営の市民活動(支援)センターが6つ、公設民営が4つ、私のような民設民営が4つ、市町の担当課が2つ、県が9つの参加です。県のうち、県民センターは2つ、あとは本庁の部局となっています。いつも思うことに、「センターの情報交換会に、いつも県民センターは来ているが、地元で交流したことないなあ。」と感じるところです。

というのは、東紀州コミュニティデザインセンターは、市民活動支援センターとして、中間支援を目的に活動しています。非力ですが、4年半前から活動を始めており、東紀州を念頭に置きながら、尾鷲を拠点に奔走しています。大きな成果はありませんが、尾鷲市での市民活動・ボランティア団体などのデータベース収集と公開を提唱したのがHCDです。当時は、尾鷲市社協の尾鷲市ボランティア連絡協議会に提案して始まりましたが、現在では、尾鷲市・県民センター・尾鷲市社協との協働事業として、データベースを、みえ市民活動情報センターで公開しています。

また、紀北町の燈籠祭や、尾鷲市の港祭りのイベント会場で、ごみナビゲートボランティアを中間支援しているのもHCDです。このほかにも、各種イベントの事務局や、デザイン・印刷関係の仕事も請け負っております。目的上、目に見えない活動が多いのですが、年間百数十万円の収入と支出で運営しています。昨年は、半年間ですが雇用にも挑戦し、「民設民営のセンターは、コミュニティビジネスには繋がらないんでは?」とは思うほどの失敗も経験しました。現在は、それに懲りた部分も教訓に、新たな雇用をハローワークでも募集しながら、活動を継続しています。
c0010936_211261.jpg
データ収集も逸品


と、話はHCDに偏ってしまいましたが、川北氏の講座は、「過疎化や少子化で疲弊していく地域でも、最後はそこに住む人の力次第」的な要素があって、「住民自治」の必要性が、行政から始まるのではなく、このような活動をめざしているNPO組織から興ってくる気がしました。川北氏の提唱するまちづくりでは、「あいさつできる関係づくり」、「将来や未来の子供たちのために」、「災害時の安心のために」などのキーワードがあり、「フムフム」と納得させられたところです。また、川北氏の特長は、過去のデータから未来を予測することであり、これは私と似たところがあります。

まちづくりを、NPOの視点、住民からの視点からみると、データは小難しいとの判断で、「データはデータや。」で片づけられそうになります。しかし、過去を検証するのは、先人が残した記録と、データでしかなく、統計学的な要素からも、私もデータを重視します。あとは、そのデータの検証をもとに、「未来から今を予測する」ことであり、ここに率先市民たる日々の活動に繋がっています。

川北氏の講座は、ここに的を射た内容が豊富で、「明日から何をすればいいのか?」を明確に指摘しています。私にとっても、指摘を受けた部分でできていることと、これから取り組んでいいことがより明確になったところです。川北氏によれば、市民活動センターや、市民活動支援センターは、本来は民営で運営されるもので、行政の補完を公益としてやっているからとのことです。ここにも、共感する部分があり、「そもそも行政には、違った本来の仕事があるはず。」と即答しています。それを補完するのが市民で、「市民を支援するのは、市民でしかない。」とも言っていました。

地域の団体から集めるべき情報では、「組織図、意思決定のしくみ・流れ、組人材育成のしくみ、現場での工夫・すごさ、自分たちでは気付いていない課題」とあります。そのため、市民活動の支援をすることになれば、足で稼いで調査することも必要で、各団体のカルテを作成することになります。尾鷲市では、ここに該当する部分が、データベース事業なので、より明確なカルテに更新することもできます。そのカルテをもとに、市民活動を支援する中間支援をすればよいわけで、ここまでは尾鷲ではすでに進んでいる内容だとも感じました。

残念なのは、尾鷲市では、データベースで協働していても、ほかの面でコミットし合っていない現実があり、このような情報交換会に参加しても、地元でのアイディアの出力先がないことです、結果として、個々に活動している状態で、それは尾鷲市民にとっては不幸なことだと感じます。では、どうすればよいのかを考えると、やはり最後は市民により近い、HCDのような組織が辛抱強くやっていくしかないのだとも感じました。なくなってしまえば、必要がなかっただけで終わってしまいますが、民間で支援する組織がないことは、「公益として、市民が市民の支援をする」という川北氏の持論からも外れてしまいます。

「ふー」とため息をつきながら、途中休憩に入り、次への仕切り直しです。

(つづく)

※現場で更新しています。ついったー連動です。

by kurage874 | 2010-01-28 14:53 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 地域の市活センターが、今後3年... もうすぐヤーヤ祭り、尾鷲の男の... >>