海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
地域の市活センターが、今後3年間に考えること
後半は、ワークショップから始まりました。
c0010936_2122988.jpg
ワークショップ風景


それぞれの地域について、以下の項目をA4用紙に4枚ずつ書き記しました。
・私の地域のこれまでの10年
・私の地域のこれからの3年
・センター外部の重点テーマ
・センター内部の重点テーマ

また、一人10枚のポストイットを使って、それぞれの地域の項目で、自分のセンターができる、
・助言や提案
・気付きを与える質問

を書き込むように指示されました。

HCDにとっては、少ない人材で運営しているだけに、助言する事は限られていますが、助言や提案をいただくことに期待しました。以下が、私の項目に貼ってあったポストイットの内容です。
c0010936_213492.jpg
HCDの内容と書き込み


◆ポストイットの内容
・賛同してもらえる工夫を
・行政の業務のみなおし 民にゆずるもの 行政がすべきものの すみわけ必要
・高速道路によって もったらされる 観光資源を 考えるも一興
・防災と産業振興に絞って、行政と連携する手もあるのでは?(川北氏)
・財源をどのような形で考えておられますか
・どういった人材を確保されていますか?
・依存型団体の整理というのはどういうことですか?
・市民活動する団体さんを増やす仕掛けづくりは?
・センターは単独に活動しているのですか 行政との問題はなかったのですか
・人件費の確保はどのように考えてらっしゃいますか?
・ニーズに合った人材を確保する事が大切では?

素朴な疑問が多いですが、私にとっては、観光や産業振興の掘り起こしはユニークなアイディアです。どちらも、行政や商議所に頼っている項目なので、民間から声を出すことへの中間支援は、起業にもつながる新たな発掘です。私自身が知らないことでも、知っている人や自営業者のネットアークはあるので、より市民に近い個人事業主の声なども集められそうです。

また、会場には、公設公営のセンター職員や、行政職員が多く残っていたので、財源や民設民営での連携などの質問もありました。確かに、財源は自主財源なので、私の持ち出しになります。これは、私にとっては趣味の領域と同じで、「お酒やたばこ、パチンコに興じること」と大差はありません。その分の費用を、このような活動に投資しているだけです。そのために、私には市議会議員の報酬があります。

人材の確保については、ほかの民設民営のセンターのテーマにもありました。民営の難しいところは、人材と財源確保なので、「そもそも、なぜに民営でこんなことしてるの?」といわれることも多いです。しかし、川北氏も言うように、「市民が市民を支える活動」は、公設では説明できかねる場面も多いと感じます。「結局、あなたたちは、公務員ですよね。」と言われれば、たとえ公務員も市民であっても、市民が市民を支えるとはならないからです。ただし、公設公営のセンターでも、やがては市民に移行していくことを目標にしながら、利用率や認知度などでの苦労話もなかにはありました。

川北氏は、「緊急雇用でNPO組織に雇用された人材はたくさんいる。しかし、その事業が継続するだけのスキルがあるとは言い切れない。」と言っており、「そのためにも、(緊急雇用が終了する)それ以後の市活センターの腕の見せ所になる。」と断言しておりました。確かに、緊急雇用におけるNPOの強化基盤事業でも、県内でたくさんの雇用が生まれました。自活できることを目標とするNPOが、端から行政支援に頼る是非は今でもありますが、継続できる事業でなければ、事業終了後に職にあぶれる人材が出てくるかも知れません。そのときに、市活センターの役割があるということです。

意見の中には、「賛同してもらえる工夫を」ともありましたが、これが行政職員からの意見であれば、「それが、ここにきているあなたたちの仕事でしょう。」とも切り返したくなります。確かに、広報や周辺の理解には、「今までにないこと」への障害にも出くわします。ややもすれば、「行政の仕事を奪っている。」ともとられかねないこともあります。このあたりが、他地域の民営センターと話をすると、やや多いなあとも感じるところです。

当たり前ですが、今日の交換会へは、自費で参加をしています。しかし、公費で来ている参加者もいるので、悩ましいところでもあります。しかし、「それぞれの地域に持ち帰って、どう地域に出力するのか。」なので、私もそのときのために、こうして時間を割いて来ています。

16時半に終了しましたが、内容の濃い講座で楽しかったです。

by kurage874 | 2010-01-28 16:35 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 中間支援のニーズはあっても… 市民活動が住民自治へ繋がるというお話 >>