海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
中間支援のニーズはあっても…
今日の情報交換会は、現地でタイプしながら更新しました。

速記とまではいかなくとも、そのときに感じたことや、聞いたことをアップできるので、帰ってきてから読み返すと、そのときの様子が頭に浮かびました。なかなか、自分にとってもよい影響を与えています。

交換会のあと、別のことでインタビューを受けることがあって、1時間の予定が2時間15分と大幅にオーバーしてしまいました(担当者の方すみません)。内容は、東紀州コミュニティデザインセンターが、中間支援組織として活動している話が中心でしたが、より先輩格のセンター職員に、海月がカウンセリングを受けた格好になりました。やはり、まとまって率先しているNPO組織のスタッフは、豊富な情報量と経験があります。まだまだヒヨっ子ですね、海月は。ちなみに、インタビューの内容は、5月くらいに公開されます。

さて、表題のことを書こうとしたきっかけは、インタビューで感じたことの一つです。

中間支援組織として大きな看板はあげていませんが、「知っている人は知っている」組織でもあります。なので、ニーズとしての声は小さいですが、その小さいニーズをひらえるのが、東紀州コミュニティデザインセンターの特徴であるとも言えるのです。ここまで過疎化や少子化が加速し、市の財政としても無い袖がふれない状態になってくると、「市民一律皆平等」が履行しきれない現実が出てきます。その部分は、議員としても活動をしているところですが、格差社会に突き進んだご時世では、大変に苦慮するところでもあります。

「NPO法人格をとったが、今後の活動継続に不安が出てきた。」
「ボランティアグループのメンバーが減少し、活動の継続ができなくなってきた。」
「こういった問題を抱えているが、どこが対応してくれるのか?」
「このアイディアを実現してくれるところはあるか?」

などなど、小さい声ながらも、聞き逃せば、やがてはまち全体に波及しかねない問題があります。しかし、そのすべてを行政が対応できるとも限らないので、海月のHCDは、「よろず相談所」か「赤ひげ診療所」のように、最後にたどり着く場所なのかもしれません。なので、マイノリティといえばそうだし、それをどう対応していくのかは、地道な活動しかないのかもしれません。

しかし、困ったことに、地道な活動より先に、まちの疲弊が加速してるので、おちおちしていては、相談先の組織自体がなくなってしまうこともありえるのです。それは、店舗についてもいえることで、いつの間にか、老舗といえる店舗が消えていくのと同じです。

特効薬があるとすれば、行政との連携をより蜜にしながら、行政でできることと、民間でできることの検証や移行作業になっていくのですが、「いまや、人材は公務員にいる。」とも考えるのです。尾鷲市ほどの地方自治体になると、1つの企業が多くの労働者を抱えるのが公務員の職場になります。尾鷲市の場合では、総合病院の職員も合わせると、500人規模の事業所になります。

これに勝る企業はないので、まちの消費を動かしているのも公務員になります。他には、教育現場や県庁舎、国の出張機関などにも公務員が従事しているので、その数はもっと多くなるはずです。なので、公務員の中にも、対境担当者のような、「公務員なのに、ちょっと変わった人材」がいるので、その発掘や連携が必要となってきます。HCDでは、そのような公務員ともネットワークをもっているほうですが、連携するところまでにいたってはいません。なにせ、公務員がHCDと連携するのは、けっこう勇気がいるようにも感じるからです。

そこで、HCDとしてのわかりやすい苦労話を紹介します。

海月にも子どもが誕生し、そのお母さんたちとも交流する中で、「尾鷲には、ベビーマッサージってないよね。」との声が上がりました。「無いものはつくる。」ことを理念としているHCDでは、早速人材リストの中から、アロマサロンのオーナーが、ベビマの手ほどきも受けていて、自身にも生後5ヶ月の子どもがいることをリストアップしました。さらに、海月の妻にも5ヶ月の子どもがいるので、彼女自身が助産師であり保健師でもあるので、講師役と助手役が決まりました。

もちろん、希望するお母さんは、少なくとも5名は顔見知りなので、これで講師と助手と生徒が揃ったわけです。ここまで来れば、この関係性の中で、ベビマが実現することができようになりました。しかし、ここからがHCDの真骨頂で、「これをお母さんたちだけで履行させるのはもったいない。」と思うのです。なにせ、今後も活動していきたい内容ですし、総合病院の産婦人科ともタイアップすることも可能となるので、少子化傾向を改善する可能性ある活動と見通せるからです。

そこで、市の担当課にも声をかけ、「何か支援するメニューはありませんか?」と問うたのですが、「素晴らしい活動ですが、金銭が発生すると支援しずらい。」こともあるようで、できる限りの支援は、担当者の派遣とか、準備の手伝い程度となりました。この担当課でないにしても、市が関係するナントカ体操は、無料で受講できるのにとも感じながら、「仕方ないよなあ。金銭が発生しない活動なんてないもんやし。」となりました。

しかし、HCDの調査では、ベビマ自体でも、行政支援している自治体はありますし、より予算を捻出しやすい社会福祉協議会においては、それを実行するだけの事業メニューがあることも知りました。昨年度の事業では、菰野町社会福祉協議会が、子育て支援事業として、「親子とベビーマッサージ」をやっていました。この事業費の出所を探ると、「平成21年度地域福祉活動推進支援事業」という事業メニューで実施していました。

別の社協関係者に問い合わせると、「期限は間近ですが、今年度も事業募集していますよ。まとまった金額が支給されるので、幅広い活動を支援できますよ。」とのことでした。さらに、海月の妹が、紀宝町社協で臨時職員として働いているのですが、彼女はベビマも担当していて、タイムリーなことに、明日の10時からベビマをやるようです。その話も、尾鷲市のプロジェクトCReAMという市民活動団体が、紀宝町社協からの依頼で、「育児疲れのお母さんを癒すハンドトリートメント」を披露してきてわかったことです。その中間支援も、手前味噌ですが、HCDがコーディネートしました。

確かに、尾鷲市社協には問い合わせはしていませんが、尾鷲市社協と市の担当課は、同じフロアにあるのです。より市民からのニーズに応えられるようにと、同じフロアに事務所をもっているわけですから、例えば、ベビマが本当にいいアイディアで、なんとしても支援できる事業がないのかを考えるならば、隣の社協に問い合わせるとかができないものかと感じるのです。それって、距離2mほどの手間だと思うのです。

これは、海月の独断と偏見かもしれませんか、この領域までHCDは立ち入ることができません。市の財政でまかなえない支援でも、社会福祉協議会でならできる支援もあるはずで、そこのつながりをHCDが中間支援するというのも、なんだか筋違いな気もするのです(そういうプランがないかは、調べてみましたが)。もちろん、たかがベビマひとつでも、横や縦の連携がとれていて、日ごろからHCDもそのテーブルについていれば、こういったことが起きないかもしれません。

ところで、ベビマはお母さんたちで実施する方向で話が進んでいます。HCDとしては、非常にもったいない気がするのですが、そのときの赤ちゃんは、やがては大きくなるので、次のニーズが舞い込んでくるはずです。しかし、そのまた次の赤ちゃんにニーズがでたとしても、声として浮かんでこなければ、一過性の活動で終わってしまいます。そのために、HCDとしては、資料や報告書を作成し、そのときのために備えるしかありません。

どこに苦労しているかがおわかりかと思いますが、そう言う間にも、まちは以前より衰退していきます。尾鷲総合病院で出産するお母さんが減少しているのも、それだけの魅力が他にあれば改善されるかもしれないので、周産期も含めた、総合的な支援策は、それぞれの縦割りだけでなく、横断的に行動できる市民、つまりはHCDのような組織が提案できるのにとも感じるのです。

ニーズはあります。だからこそ、市の行政や県が招聘する講師のほとんどが、NPO組織のスタッフであったり、中間支援セクタの職員であったりするのです。それでも、HCDが日の目を見ないのは、やはり私の存在があるからでしょうか?そうであれば、こういった中間支援組織や、市民活動支援センターは、やはり市民が市民を支援する組織として必要です。なので、せめて反面教師にしていただいて、市民から活動する人材が出てきてしかりです。また、そのときは、ひとり立ちできるまでは、それなりでいいので、行政支援が不可欠です。

インタビューに答えながら、また意見を話させていただきながら、こんなことばかり考えていました。日本のNPOセクタのほとんどが、公募による公的や私的な財源に依存している現実の中で、身銭を切るという自主財源こそが、安定して継続する秘訣である事実を、それでも海月は証明していくことが続きます。それは、ちょっとした自身の背伸びと、共感してくれる揺るぎないサポーターで実現できるはずです。

まあ、それが正しいとまでは思っていませんが…

by kurage874 | 2010-01-28 23:21 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 路地を抜けて、路地のカフェへ 地域の市活センターが、今後3年... >>