海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
二重被爆上映会実行委員会が立ち上がる
夜の県立古道センターも乙です。

昨日、二重被爆上映会実行委員会(案)の打ち合わせ会議がありました。最初は、案の状態でしたが、打ち合わせに参加した方からの賛同もあり、すぐに第1回会議として実行委員会も立ち上がりました。
c0010936_16592765.jpg
和室を利用


海月の参加は、この実行委員会の事務局としてですが、市民活動を支援する立場である、東紀州コミュニティデザインセンターの関わりがあるからです。「何かをしいたい!」を実現するための水先案内人として、HCDがあるので、このような企画に参加する機会も増えてきました。
c0010936_1751077.jpg
プレゼン付


世話人と呼んでいた発起人がプレゼン資料を作成し、HCDは今後の分も含めてレジュメを作成しました。発起人が熱い思いを語り、上映会の実現を共有し、HCDが事務局として予算やスケジュールの提案をしました。

参加していただいた方の理解も深く、一気に実現に向けた舵取りができるようになりました。何よりも、若い世代が声を上げ、支える世代が基礎固めをしてくれる形となったので、この企画はまちがいなく成功する気がしました。また、予算規模からしても、持ち出すことがあっても最小限の痛手で済むはずです。いまのところ、チケット収入を見込んでの予算なので、興味ある方の賛同を求めていくことになります。

この企画は、「戦争を語り継ぐ」、「尾鷲にも戦争があった」ことを後生に残していく作業になります。25年前にも、当時の寿大学が、詳細な聞き取りと資料を残していました。これを元にして、新たに資料も編さんするので、やはり記憶を記録に残す作業は、何度でもやるべきだし、その都度に新しい記憶が記録に受け継がれていきます。

ただし、戦争体験の記憶は、実体験を語れる年齢層が超高齢になっています。現在では、80歳や90歳といった年齢になるので、「まさに、いましかない」時期だと話し合いました。このブログでも、広く協力や支援を求めていきますので、どうぞよろしくお願いします。

by kurage874 | 2010-02-09 17:20 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 確定申告の季節ですね というわけで、今夜は家事休息日... >>