海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
美し国おこし・三重…
美し国おこし・三重の関係者と懇談しました。

美し国…側からは、南三重担当の寺内プロデューサー、尾鷲駐在の湯浅氏、県民センターの玉置氏が参加しており、尾鷲市役所市長公室からは、担当である塩崎氏が参加していました。私を含めて5名での懇談(意見交換)となりましたが、東紀州コミュニティデザインセンター(HCD)としてのかかわりだったので、ほとんどが私とプロデューサーの意見交換でした。

率直に言うと、「美し国…の方向性がわからないなあ。」になってしまうのですが、私がわかっていないだけかもしれません。最近では、SKE48を起用したり、マスコットキャラクターを募集したりと、「地域にはお金は落としません!自立支援が目的です。」みたいなことになっているわりには、宣伝広告費はけっこういってるだろうなとか考えてしまいます。「その分を、本当に必要な活動に支援できないものか?」は、誰しも一度は思ってしまうことではないのかなあ?
c0010936_23365052.jpg
マスコットキャラクター募集のポスター


6年間という、行政としては息の長い事業だけに、莫大な事業費や、地方自治体の負担分など、県議会においても物議を醸しています。HCDもパートナーグループに登録したものの、「何に期待し、何を求めたらよいのか?」がわからない状態であることも確かです。私たちがやっている全ての活動ををみていただいて、それが美し国…にとって何ができるのかを提示して欲しいところですが、積極的な接触はほとんどありません。それでも、私たちは、美し国…に合わせて活動しているわけではないので、計画的に活動を継続しています。

寺内プロデューサーとの話には、一部賛同したい内容もあって、今後のきっかけの一つになりそうですが、それ以上の収穫も、納得も見つかりませんでした。少なくとも、美し国…側に、私たちの活動が理解されていないことがあるとすれば、それはどうしようにもないことで、垣根があるとすれば、それは私たちがつくっているわけでもなさそうです。
c0010936_2342696.jpg
持参した資料


まさに、資料の通りの内容を求めているのですが、新たにコミュニティビジネスをしたいとか、お金を稼ぎたいとか、助成金を欲しいとかでないので、「スタッフの充実」や、「例えば、大同楽座が継続していく方策」などでの関わりであれば、HCDだけでなく、関連する活動を継続している海月たちの仲間にも、美し国…の意図が伝わるのかもと感じました。

紀伊長島に新しくできたアートレジデンスに「ゆうがく邸」がありますが、あそこと大同楽座は比較対照にはなりません。住民がそう思うのは仕方がないにしても、美し国…がそうとらえているとすれば、それは仕事をしていないのと同じです。まず、かけた予算が違い過ぎるし、アートやイベントスペースとしては似ているけれど、大同楽座の方が、もっと敷居が低く泥臭い感じです。でも、どちらもこの地域にはなかった施設なので、その両方が点在する素晴らしさがわかる美し国・・・であれば、海月もここまでため息をつくこともないでしょう。

しかし、ゆうがく邸がオープンし、大同楽座が幕を閉じる現実は、なんとも皮肉なことかもしれません。でも、これがこの地域のセオリーであるとは思いたくないし、それを打破したいとやってきたのが、海月たちの活動です。

HCDが新しく手がける、キタガワノホトリについても、美し国…にはイマイチ伝わっていない気がしました。寺内プロデューサーには「見えた」ようですが、見えないものは、どうしたら見えるようになるのでしょうね?

結論から言えば、美し国…とは、今後もつかず離れずの関係を継続することになりました。4月くらいに、再び膝詰めするとのことなので、海月もそれまでにある程度の方向性をつけなければなりません。

by kurage874 | 2010-02-12 00:12 |  東紀州コミュニティデザイン
<< ふとわれにかえるとき 本日は、イエローレシートキャンペーン >>