海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
CReAM Lab.(くりーむらぼ)とは?
意外と知られていませんでしたね。
まあ、そりゃそうだとも思いました。

CReAM Lab.とは、カフエクリームがある建物の総称になります。
カフェの2階で開業しているアロマサロンHASUも、CReAM Lab.の中にあるテナントです。同じように、今回イベント的に新鮮野菜朝市をやったセレクトショップ函箱(はこはこ)も、CReAM Lab.の中になるテナントです。こうして、カフエクリームなどのテナントが集まった場所が、CReAM Lab.というわけです。

では、CReAM Lab.と読んでいる由縁ですが、 CはcafeのC、RはrestのR、eはeventのe、AはartのA、MはmediaのMの、それぞれ頭文字をとっていて、CReAMがこれらの発信源になることを想定しています。ちなみに、このブログのURLは、「A」ではなく、「P」になっていますが、これは、海月が「photo」にこだわっていることから、ささやかな主張をしています。

そして、「なぜそんなことを想定したのか?」になるのですが、ここからが重要です。聞かれれば説明しているし、過去のブログでも書いているのですが、どうしても誤解されていることが多く、「広報が足りないからだ。」と悩みの種でもあるところです。

・・・長くなりますよ・・・

まず、CReAM Lab.は、2004年度(平成16年度)の三重県の事業として始まった歴史があります。そのときは、「熊野古道協働事業」として、空き店舗対策と、熊野古道が世界遺産登録されることを念頭においた、内外の交流拠点となることを想定したものでした。この事業自体は、三重県より、まちづくりをデザインしていたNPO法人に業務が委託されていたので、現在でも「岡山のNPOとかやな。」の意識として残っている人もいます。

そのときに、拠点となる今の場所にカフェを臨時オープンさせ、大々的なイベントをやったと思います。当時の話を聞くと、120人くらい集まったとか聞きます。というのも、その時期の海月は、尾鷲との関わりはほとんどなく、ニートのようにふらふらとしていた時期になります(ボランティアしたり、四国徒歩遍路してたりとね)。このときに集まった人たちが、それぞれの頭文字をとった事業展開を妄想し、その発信源となるべく、CReAM Lab.が誕生したというわけです。

海月も、あるボランティアで再会した三重県職員のお誘いもあって、2004年の8月くらいから、この事業を知ることになり、「宿坊プロジェクト」のメンバーになりました。そのときに、今は県議会議員の津村氏と、はじめて顔を合わせることになりました。まあメンバーといっても、津村氏と私を入れて2-3人だった気がします。余談ですが、このプロジェクトの会議をしていた2004年9月28日の夜に、激しく降る雨の中を、CReAM Lab.で会議をやり、その翌日に、あの三重県豪雨災害が発生したのでした。

その後は、旧海山町で、災害ボランティアセンターの運営をやっていたこともあり、海月の事業参加は一時中断するのですが、2004年10月後半から、再びCReAM Lab.に関わるようになり、宿坊プロジェクトのメンバーは私だけのようになってしまいました。あと、このプロジェクトには、法的な課題が多く、「気軽な宿泊施設にはできない」ことが明らかになったこともありました。それ以降も、カフェとしては別のグループが開業を目指していたので、県やNPO法人が行おうとする全体の事業を、私がカフェのグループに共有してもらうような立場で参加を続けました。

今でも悔やまれるのは、このときの私の立場が不明確で、私自身もよく理解できていなかったことがあって、今ではそれがカウンターパートだったと思うのですが、県やNPOと現地との間に入った中間管理職のように、二進も三進もいかないことも多々ありました。また、それまで関わっていた人たちの足が遠のき(私が参加するようになったからかもしれませんが…)、「なんで最初だけなん?ここからが地元の頑張りでしょうよ。」と憤慨していた時期もありました。

そんな思いをしつつ、それでもカフェが開業し、お客としても参加し、イベントにも積極的に関わるようになり、1日の大半を尾鷲で過ごすことも珍しくなくなりました。このころから、尾鷲の路地の魅力や、食のまち尾鷲を知るようにもなりました。2004年の暮れから、2005年の2月頃までのお話です。事業年度が押し詰まった3月には、「デザイン講習会」が開催され、そのときの延長線上に、「owasebonの発行」がありました。これは、事業年度としては終わってしまった5月に、記念すべき第1号が発行されています。ちなみに、これは、CReAM Lab.のメディア戦略の一環で、「ミニコミを発行しよう」との実現になります。知らぬ間に、カフェに関わっていた人や、私までもが参加して、今のowasebonの基礎をつくりました。

三重県や委託を受けていたNPO法人としては、当初の目標により近い状態を達成できたのですが、いかんせん困ったことは、「事業年度の終了後」でした。間近に迫った3月には、実はカフェは営業が頓挫しており、県の意向を汲んだ形では難しくなっていました。ここにも、私の存在が中途半端であったと感じているのですが、私自身がもっとカウンターパートとして理解して動けていたならば、違った方向性もあったかもしれません。

しかし、当時は命を受けていたわけでもなかったのです。とはいっても、「もしかして、CReAM Lab.閉店?あほな。」と感じていたので、「私が引き継ぎます。」と、2005年4月6日にカフエクリームを再オープンしたのでした。それまでもカフェクリームだったので、ちょっとでも差を表現したいと、カフエクリームのエが大きくなっているのは愛嬌です。

なので、2005年4月から現在に至るまで、CReAM Lab.は端無徹也の個人経営です。その中のカフエクリームの店長をしているので、税務署には確定申告していますが、商工会議所青年部に参加した時の名称は、CReAM Lab.(クリームラボ)として登録しています。個人の資金を投入し、今のカフェを維持していますが、三重県がやろうとしていた意思は、その大部分を引き継いだ形となっています。ここを拠点としている、プロジェクトCReAMやowasebon制作委員会は、その派生した活動であり、コミュニティカフェと言われる所以でもあります。

で、アロマサロンHASUやセレクトショップ函箱は、海月が起業支援したテナントになります。そのどちらも、あいた時間で自分のしたいことができるスペースを提供し、やるからにはお金が取れる内容のものとなるよう支援しています。それは、誰の相談でものることができるし、HASUも函箱も、もとはカフェのお客から話がはじまりました。今回の野菜朝市も、カフェのお客で来ていただいたことがきっかけになっています。そういうカフェなので、「よろず相談所カフェ」でもあるのです。

5年経ったいまでも、「県の事業らしいね。」、「事業費はいくらなん?」などと聞かれることがあります。1円もいただいていないのに、このような運営ができているのが自慢なのですが、それがかえって「嘘でしょ。」と映るようです。また、このことを知っていても、きちんと説明していただけないこともあるようで、こういう言葉が独り歩きしていることもあるようです。しかし、それは海月の広報の不味さもあるのですが、好きなようにやっているとはいえ、意図して公益を考えているだけに、理解者を増やすのは活動していくしかないのが本音です。

あと、「今は、三重県はどんなかかわりなん?」、これもよく聞かれますが、この答えに困るのが実情です。個人経営であるので、三重県事業の意を汲んだのは私の勝手です。それは、私が県の事業に賛同したからで、それを個人が今も自分の意識と意思で継続している「つもり」なだけです。しかし、三重県とのチャンネルは切っているわけでもなく、今でも県庁サイドからさまざまな依頼や広報がきています。欲を言えば、県庁舎からはほとんどないので、地元行政からの後方(広報)支援があれば、ここの存在価値や事業をやった価値がでてくると思います。それは、お互いにとってプラスのことなのですが、「つもり」である以上、とくに何もやっていない状態です。

しかし、「新しい時代の公」とか、「新しい公共」とか、公益を担う市民の総称として、公側が勝手に冠をつけている現状は、「自分たちでできないことを市民にやらせるのかよ。だったら、その部分をすべて市民に渡してほしい。」と感じます。協働という言葉をあんまり聞かなくなったのは、同じことをやっている市民と公務員の違いが明白であるからで、例えば協働会議と銘打っても、仕事を休んでも参加してくる率先市民と、時間外や手当てがついて参加してくる公務員が、同じテーブルについているだけのことになるので、どうしても公務員側が事務局を持ったり、雑用を受け持ったりしている現実に、説明責任がもてなくなっているからではないでしょうか?

CReAM Lab.の場合も、「新しい公共」と呼ばれかねないのですが、それは、公務員が公務として関わることができないからで、公務員も市民として参加できる環境ができて、初めて「協働」といえるのではと、考えるようになっています。それが実現すれば、新しい公共とかで誤魔化さずとも、「率先型住民自治」のモデルとして、自治体に住む全ての住民の率先力が、それぞれの職域や職種で、まさに協働していかされるまちになるのだと感じています。

そんなまちって楽しそうでしょ。住んでみたいでしょ。

だって、全てが率先市民として、住んでいるまちに関係してるなんて、自治体のポテンシャルがあがるのは明白です。そんな公益を妄想しながら、CReAM Lab.を管理運営しているのが海月です。そして、それを支えてくれているのは、自営業とか公務員とかの冠はあっても、ここに来ると率先市民となる、仲間たちや友人たちです。

わかっていただけたかなあ…
いつものごとく、長かったしなあ。

by kurage874 | 2010-02-20 18:10 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 離乳食もはじまっているのですが あっという間の新鮮野菜朝市でした >>