海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
高塚山展望台と、豊浦神社で遊ぶ
今日は穏やかな天気でした。

午後からは、家族サービスでドライブに出かけました。
c0010936_20494712.jpg
高塚山展望台


c0010936_20503134.jpg
展望台より大海原を


三浦の高塚山には、立派な展望台があって、近所の人の散歩道にもなっています。この日は、天気が良かったこともあり、海月一家のような行楽客もチラホラきていました。また、ここの展望台を通り越して、磯釣りに出かけて行く釣り客も多いです。
c0010936_20531071.jpg
さらさは眠いのに…


c0010936_20533825.jpg
私にも見せてー


展望台からの眺めもよく、芝生やベンチもあって、さらさがもう少し大きくなれば、弁当を持って訪れたい場所です。昔は、若かりし頃の海月のデートスポットでしたが、展望台の落書きを見ると、2000年以降の落書きが多いことからも、夜は物騒かもしれません。
c0010936_20563333.jpg
豊浦神社前


c0010936_2058367.jpg
バクチノキ


豊浦神社は、入り口は巨木に覆われて狭いのですが、奥に深く広い神社です。この神社もお気に入りで、クスやスギの巨木が圧巻です。さらに、ここで一番有名な巨木は、バクチノキです。
c0010936_2059583.jpg
謂れ書きも


以前、共通の友人がいるダンサーを連れて、この神社に来たことがあります。たっての願いということで、バクチノキに手を合わせていたのを思い出しました。知る人ぞ知る木ですが、こういう場所にひっそりとあることに誇りが持てます。
c0010936_2173066.jpg
さらさにもご利益を


さらさも、そのでこぼこした樹皮を触っていました。手の感触がよいらしく、あちこち撫で回しては、声を出して何かを表現していました。やはり、子どもの方が、パワースポットを感じるのかもしれません。

神社のあとは、さらさは引き込まれるように寝てしまい、ショッピーで夕食を買い出しして帰ってきました。ちょうどよいドライブコースですが、夜はそのご利益があってか、今は夢のまた夢の中です。まあ、疲れたんやろうけど。

小さいとはいえど、熊野の地のパワースポットを巡るドライブは続けたいですね。

by kurage874 | 2010-02-21 21:13 |  東紀州漫遊記
<< 東紀州コミュニティデザインセン... ボランティア祭りで活動紹介しました >>