海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
薬物依存症講演会
会議がダブルブッキングし、途中退席になりました。

紀北地区薬物乱用防止指導者協議会が主催する講演会に参加しました。海月も、協議会の委員であることと、薬物乱用や依存については、教員時代から関心のある課題です。
c0010936_1252187.jpg


地元紙などを通じて、広く参加を募っておりましたが、会場には20名ほどが集まっていました。今回の講演会は、三重県こころの医療センターで、精神保健士として勤務している、山元孝二氏による「薬物依存症の理解と支援のための基礎知識」と題した内容でした。

薬物乱用や依存については、芸能人の相次ぐ逮捕で知るところです。メディアの広報としては、芸能人であることからも、センセーショナルに伝えるだけで、見ている側も「どうせ、またやるでしょ。」程度で終わってしまいます。しかし、「繰り返す」ことをおぼろげながらに理解していても、それがどのようなメカニズムで起こり、「依存症」という「病気」と認知するまでには至っていない現状です。

この地域でも、薬物の使用や、依存というところでは、未成年の喫煙も気になる課題です。タスポでしか買えないはずの自販機でも、タスポをかざして購入している制服姿を見かけることもあります。決して、都会での出来事でないだけに、海月としても、とくに未成年におけるデートDV同様の課題と認識しているところです。

「ダメ!ゼッタイ!」との標語通りにはいかない現実の中で、「そうなってしまったあとは?」の整備も進んできてはいるものの、こうした講演会などでの周知が、今のところの最善策では、現実に追いついていけない気もしています。

地域での取り組みが、鍵を握っていることには違いないのですが…

by kurage874 | 2010-02-24 12:29 |  東紀州コミュニティデザイン
<< owasebon第30号の第3... 本日、20時より第3回編集会議です >>