海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
二重被爆上映会実行委員会コアミーティング
本日19時半より、マクドナルド尾鷲店において開催します。

呼びかけ人、世話人、事務局によるコアミーティングですので、3-4人の打ち合わせになります。内容としては、3月はじめにヒアリングを行いますので、当日資料の作成や進め方、現在までの進捗状況を確認しあいます。

■スケジュール
 1月22日(金) 20時 第1回CMTG(@カフエクリーム)
 2月08日(月) 19時 第1回実行委員会(@県立熊野古道センター)
 2月06日(土) 20時 第2回CMTG(@エンゼル)
 2月12日(金) 19時半 第3回CMTG(@マクド)
 2月24日(水) 19時半 第4回CMTG(@マクド)
 3月04日(木) 13時半 ヒアリング(@中央公講座室B)

東紀州コミュニティデザインセンターでは、実行委員会の事務局を担当していますので、イベントが実施予定の6月第3週まで、準備や中間支援を行っていきます。

ここで、現在までの資料調査などで得た情報を一部公開します。

◆実録資料「尾鷲にも戦争があった」の主な内容
①中部、近畿地方へ空爆に向かうB29が、尾鷲上空を通過して行った。

②1945(昭和20年)年4月、B29が中川牧場に爆弾を落とし、2人が死亡、数人が負傷した。 また、乳牛12頭が犠牲になったが、牛舎を軍需工場に見間違えたのか、機体を軽くするために残った爆弾を捨てたのかの原因はわからない。

③軍艦「駒橋」を指揮艦として、第45海防艦、第14駆潜艇、特別駆潜艇2隻の計5隻を尾鷲湾の基地に配備し、第26掃海艇の4隻を配下に吸収し「海軍熊野部隊」を編成した。しかし、尾鷲湾にすべての船が集まっていると攻撃目標になるので、一部は須賀利湾に分散した。また、一部の船は船首に爆薬を装填。敵の鑑定が接近した場合は体当たりする「海の特攻隊」の準備を進めていた。

④米軍が遠州灘から熊野灘にかけて上陸するとの噂が流れ、住民はバケツリレーによる防火訓練や竹槍の作成、戦闘訓練を強いられた。

⑤1945(昭和20年)年7月28日午前7時ごろ、「敵機見ゆ。全員戦闘配置につけ」と命令が流れた。 敵は6機編成で佐波留島上空に現れ、3機は尾鷲湾、残る3機は須賀利湾の鑑定に奇襲攻撃をしかけてきた。午後4時ごろまで、30分間隔で波状攻撃。気銃弾の雨とロケット爆弾を投下してきた。 「駒橋」は爆弾を受け浸水。沈没を免れるために国市の浜に座礁した。 第45海防艦も大破し、古里の浜に座礁した。 尾鷲の住民は中村山防空壕をはじめ各避難所に避難。須賀利の住民は裏山に避難した。この戦闘による戦死者は72人で、重軽傷者は250人にのぼった。負傷者は中村山の防空壕内で応急手当を受け、尾鷲国民学校(現尾鷲小学校)に収容された。しかし、十分な治療ができず死者が続出し、死者は147人にのぼった。


こういった内容の記憶や記録を、再びまとめて資料化する作業と、ドキュメンタリー映画「二重被爆」の上映会に合わせて、当時の戦争体験などを伝えていくイベントを開催します。

by kurage874 | 2010-02-24 15:33 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 調子が狂うぜ owasebon第30号の第3... >>