海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
尾鷲市の当初予算書とにらめっこ
北浦なう。
あれ、こっちはブログやった。

数日前より、居間の机に居続けている感じです。

当初予算書とにらめっこし、インターネットで検索し、ときにはメールを出したり、電話をかけたりしながら、一般質問の内容も精査しています。脱線もするので、「あのときに、聞いておけばよかった。」などと後悔することもあります。また、国会中継なんか見ていると、注目する発言なんかがありつつも、「国会審議の根本はどこでやっているんだろう。」と、献金疑惑や脱税疑惑や疑惑疑惑の追及で、「自民も民主も立場がかわっただけ?」なて屁理屈こいてしまいそうです。

いかん、外の空気が待っているはず。

昨日の夜は、NHKのドラマを注目して見ました。「ツレがうつになりまして」という、同名小説のドラマ化ですが、海月は役者の原田泰造さんが好きなので、妻役の藤原紀香も、はまり役に見えてしまいます。第1回目の放送は、原田泰造がうつになる話でしたが、どこにでもありそうな原因からだったので、この病気が現代病といわれる由縁だと感じました。主治医には、「(症状が改善するまでに)3ヶ月、いや3年かも、坑うつ薬と睡眠導入剤を処方しておきます。」と、言われていましたが、意外にも、睡眠導入剤なんかは、処方されている人が多いはずです。こういった薬物は、病気改善の手助けになりますが、度を過ぎていくと依存症になり、過剰摂取へと繋がっていきます。しかし、うつ=薬=依存・依存症=近寄りがたい病気=犯罪者みたいな連鎖をさせる報道や聞く話もあるので、正しい知識と理解も必要です。ここに、行政のサポートがあるとも感じています。それで、実際にサポートするのは、同じ地域に住んでいる人たちだと思うのですが。

予算書には、こういった現代世相への対応がなされているかも見てしまいます。尾鷲市民に対する予算書なので、市民目線になっているかや、時代の流れに逆行していないか、また逆行してでもやる価値と効果があるものなのかを検証していきます。おかげで、海月の周りには、いろんな資料や書物が散乱しています。喜ぶのは、長女のさらさぐらいで、彼女は手に当たる印刷物を掴んでは、目を離すとグシャグシャにしてしまいます。

紙切れは、グシャにしても資源にかえりますが、予算書の中の予算は、はたして住民の何に役立っているのかを審査しなければ、取り返しのつかないことにもなりえます。そこに、私の議員としての活動があるのですが、市民目線で紐解ければ、もっとわかりやすい表現ができるのにと奮闘しています。

私にとって、議員と市民の活動は、切っても切れない両輪です。片方だけに力を入れると、もう片方がおろそかになって、グルグルと同じ軌道を回り続けてしまいます。将来や未来の尾鷲のまちを考えていくには、議員の目線と、市民の目線が必要と感じるので、ときには強弱も必要ですが(でないと、カーブも曲がれない)、前に向かって進まなければと感じています。

しかし、残念なことに、そのハンドル操作(舵きり)をするのが市長なので、私たちは、それが明後日の方向にいかないように、きちんと正確に操作(制御)していかなければと考えています。そう考えていくと、予算書の中にも、「市民の目線か?」と感じるところもでてきます。

都合のよい場面で、住民を市民に仕立てられるわけにはいかないこともでてくるので、海月の予算書とのにらめっこは、身近な世相から今を論じていければと考えています。みなさんにとっても、今後の1年間だけでなく、将来を左右する可能性を秘めているのが当初予算です。ぜひ、いっしょになって考えてほしいと感じます。それを公的な場面で代弁するのも、議員の仕事になります。

さて、休憩するとします。

by kurage874 | 2010-03-05 15:44 |  尾鷲の足あと
<< バンボベビーチェア(BUMBO... 明日は、尾鷲イタダキ市! >>