海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
尾鷲イタダキ市の魅力
土曜日のイタダキ市は盛況でした。

年12回やるのですが(1月は無し、12月は2回)、平均40店舗ほどで年間6-7千万円ほどの売り上げがあります。これは、一つの事業体で考えると、ものすごく効率のよい商売とも言えます。
c0010936_21505066.jpg


運営組織は、実行委員会形式で、企画部会と運営部会に細分化されています。事務局は、商議所になり、尾鷲市より年間27万円ほどが補助されています。担当課の管轄で言うと、新産業創造課になり、職員が最低1名は作業補助してくれています。また、「おわせ港祭り」などの大きなイベントや、尾鷲市が事業支援しているイベントがあれば、関係する担当課の職員も参加しますが、イタダキ市自体は自主運営に近い活動です。
c0010936_21541634.jpg


しかし、準備や片付けなどでは、まだまだ市職員や商議所職員に頼ることも多く、現在は45店舗ほどが参加するようになりましたが、出店者によるほぼ完全な管理運営にまでは至っていない現状です。そのため、企画や運営の部会でも、「片づけに参加しない」や、「準備に来ていない」など、しばしば役割分担や全体準備などの苦情や苦言が聞かれることもあります。

それでも、尾鷲イタダキ市は、発展的に大きくなってきている気がします。来場者の顔ぶれも、高速道路が大内山まで来たころからは、県外ナンバーや紀伊長島以北からもちらほら見かけるようにもなりました。先だっては、熊野市からもやってきていて、「一度、見にきたみたら、想像以上に品ぞろえが豊富で驚いた」とのことでした。

紆余曲折しながらも、ここまでやってきたイタダキ市には、出店者としても誇りに感じています。しかし、もう少し、管理運営を自分たちでこなせるようにもなりたい気持ちも強いです。そのためには、まさに温故知新の気持ちで発展させていくべきなのですが、すぐにとはいかない現実もありますね。

いずれは、旅行会社のツアーにも組み入れてもらえるような到達点が可能なイベントです。買ったものがその場で調理して食べられるような付随する可能性も秘めています。それこれも、参加店舗の目標がどこに設置するかで決まりそうです。

「内需でだけでいいのか、外需にも手を出すのか?」

ここが一つの転換点になりそうです。
海月は、「外需拡大」しても耐えられるイベントだと自認しています。

来月も、尾鷲イタダキ市で逢いましょう。

by kurage874 | 2010-04-04 22:10 |  owaseを愉しむ
<< 鳥取県倉吉市にて 尾鷲イタダキ市 >>