海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
東紀州コミュニティデザインセンターが紹介されました
けっこう降っていますね、雨。

みえ市民活動・ボランティアニュース5月号が発行されています。
c0010936_12304487.jpg
表紙


発行は、みえNPOセンター・ワーカーズコープになります。
この組織は、みえ県民交流センターの指定管理者でもあります。
このセンターは、アスト津と呼ばれている建物にあるので、海月のブログでもたびたび登場します。アスト津に行くと書けば、たいていはセンターへの用事か会議になります。つまり、大変にお世話になっています。
c0010936_12363191.jpg
NPO物語


手前味噌ですが、NPO物語には海月が登場しています。
東紀州コミュニティデザインセンターという、民設民営の市民活動支援センターを運営していることから、今回取材を受けることになりました。東紀州でこの手のセクタは、紀宝町の尾鷲市の2つ組織だけです。細々とやっていますが、県内ではけっこう認知はされてきていると自負しています。え、市内の認知?ここが非常に微妙で難しいですね…

さてさて、詳しくは紙面を読んでいただきたいのですが、尾鷲市内で手に入れるには、私に直接言っていただくか(カフエクリームにも設置)、カフェスケール158(宮之上町)、キタガワノホトリ(北浦町)、県立熊野古道センター(向井)、尾鷲市役所(古戸町)、尾鷲市福祉保健センター(尾鷲市社協、栄町)、尾鷲庁舎(坂場町)あたりで手に入れることができます。

長時間の取材を受け、上手に編集していただきましたが、海月が尾鷲にこだわる理由なども述べています。また、こういった活動が、今後の地方自治体に必須なだけでなく、率先する市民の必然性も訴えているつもりです。

毎回、このニュースには目を通していますが、今回より紙面が刷新され、見やすくなった感じがします。ただし、情報誌といっても、万人受けする内容ではないので、万人にウケルわけでもありません。かといって、紙媒体のこの手の情報は、インターネットで容易く手に入る時代では貴重な存在です。いつか、HCDとしても、助成金や支援金を補助できるような展開ができればとも感じるところです。

by kurage874 | 2010-04-27 13:05 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 喉から来る発熱と、ウロタエル父 第3回編集会議と取材する醍醐味 >>