海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ニーズをどうビジネスにつなげていくか?
しかし、暑かったですねえ。

今日は、朝から会議づくしでした。

 09時 トレイルラン構想初顔合わせ(@県立熊野古道センター)
 10時 議会活動(6月定例会)
 16時 東紀州観光まちづくり公社との懇談(@カフエクリーム)
 19時半 紀北町燈籠祭ごみナビ打ち合わせ(@かっぱ倶楽部)
 20時 owasebon第32号第2回編集会議(@カフエクリーム)

このうち、09時、16時、19時半、20時が、東紀州コミュニティデザインセンターに関係する打ち合わせや会議でした。HCD職員を伴って、会議によっては、資料を用意しながらメモ書きも残してきました。また、今日の会議で、間接的にしろ、費用弁償を含んでいいというか、簡単に言えば、お金が発生するのは、19時半からの会議だけです。HCD職員の日給が5千円なので、単純には、まあ赤字な1日ということになります。

せめて、日給分がでるような活動にしたいと考えています。会議に費用が欲しいとかでなく、活動するための費用の確保が急務だと感じているのです。よく、ボランティアと間違われるのですが、HCD職員に給与を支払っている時点で、活動の全てに、給与の元となる根拠というか、収入に繋がることがなくてはならないと考えるのです。でなければ、新しい公でも、新しい公共でも、名称は何でもよいとして、公益を目指して活動しているとは言えない気がするのです。

でも、その理解が、この地域にはあるのかな?

海月が思うボランティアで、企画を考えたり、遂行したりするのはボランティアではいけません。ボランティアとは、その企画に賛同して手伝いをしたり、遂行するときに手助けすることだと思うのです。両者は似ているようにみえますが、経験や知恵を生かす以上は、対価があるべきで、それが、やりたいことが継続していく根拠だと思うのです。ボランティアは、あくまでボランティアなので、コーディネートする側のボランティアとは大きく違うと思うのです。

しかし、こういったニーズがビジネスに繋がるといえば、そうでもありません。現実的には、補助金や助成金などのメニューを継続的に取りながら、なんとか継続していける状況がほとんどです。でなければ、臨時的な雇用や、事業の業務委託でしか、資金源を得ることができないのが現状です。つまりは、ボランティアのコーディネーターに費用がつくことは、かなり難しい狭き門なのです。それを、民設民営でやってきた東紀州コミュニティデザインセンターは、ある意味ストイックな存在になっているかも知れません。とくにこの地域ではねえ。

そろそろ真剣に考えなければと感じています。

それは、このブログでも、嘆きにも似た訴えをしています。
いまのままでは、立ち行かなくなる日がきます。
まあ、それは海月のやりたいことでしかないのだけど…

■参考までに
 東紀州コミュニティデザインセンターがやっていることです。

・現在の職員
 センター業務職員 1名(月額10万円)
 カフェ支援調理員 2名(1名に付き、月額約8万円)
 事務局 1名(無報酬)
 ボランティアスタッフ 数名(無報酬)

・コミュニティカフェ「CReAM Lab.」の管理運営
 ・カフエクリーム(カフェ)
 ・アロマサロンHASU(レンタル)
 ・セレクトショップ函箱(レンタル)

・イベントスペース「大同楽座」の管理運営
 ・レンタル古民家(レンタル)

・アート&クラフトスペース「キタガワノホトリ」の管理運営
 ・カフェカッコウ(レンタル)
 ・アトリエウミノハタ(アートスペース)
 ・ボルダリング、石窯(レンタル)

・市民活動の事務局業務
 ・二重被爆上映会実行委員会(6月)
 ・ただいまそれぞれの居場所上映会実行委員会(7月)
 ・商店街通り灯りと縁日実行委員会(7月)
 ・育児支援サークル「鷲ッ子mamaプロジェクト」(通年)
 ・ごみナビゲートボランティア(通年)
 ・北川マーケット(年6回)
 ・オシャレサミット東紀州まんてん市(年2回)

・市民団体の資金管理業務(会計)
 ・プロジェクトCReAM
 ・owasebon制作委員会
 ・鷲ッ子mamaプロジェクト

・その他、業務
 ・デザイン全般(撮影、DTP、印刷、製本など、取次ぎ含む)
 ・インターネット・ブログ講座
 ・防災・減災支援活動
 ・東紀州の観光案内全般
 ・バックパッカーやツーリングの野営・宿泊相談
 ・メディアからの取材取り次ぎ(雑誌・TV局・新聞など)

・所属など
 ・尾鷲イタダキ市実行委員会会員
 ・尾鷲観光物産協会会員
 ・美し国おこし・三重パートナーグループ
 ・みえNPO検討会委員

民設民営で活動しているので、資金源は個人負担です。

by kurage874 | 2010-06-17 00:58 |  東紀州コミュニティデザイン
<< プロジェクトCReAMの6月定例会 6年前の海月と、今日の海月は一緒か? >>