海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
紀北町燈籠祭でのごみナビゲートボランティア
昨日も暑かったですね。
加えて、燈籠祭も熱かったです。

ごみナビゲートボランティアも、4年目になりました。
目標30名には及びませんでしたが、25名の登録がありました。
飛び込みのような形で、2名の方にも参加していただきました。
c0010936_20342829.jpg


会場内4カ所にエコステーションを設置し、来場者が持ち込むごみを、ボランティアが橋渡しして、分別してもらいます。分別は、可燃ごみ、ペットボトル、キャップ、缶、ビンとなっていて、資源ごみはリサイクルに回します。
c0010936_20493883.jpg
今年のリーダー


c0010936_2050995.jpg
エコステーションにて


紀北ごみナビボランティアは、高速道路の工事関係者が多く、参加人数では、中部電力からがもっとも多かったです。このように、企業の地域貢献は、来場者の見えないところで力を発揮しています。また、これこそが、ボランティアのあり方で、職域や肩書きで色分けされないよさがここにあります。
c0010936_20533795.jpg
準備中


c0010936_20542955.jpg
こんな感じ


c0010936_20545363.jpg
こんな感じ


1ヶ所のエコステーションには、リーダーを含めた約6名が待機し、およそ30分交替で、2班にわかれて活動をします。休憩の間は、花火を楽しんだり、売店で買い物をしたりと、イベントを楽しむことができます。これも、このボランティアのよいところで、誰でも体験することができます。
c0010936_20594322.jpg
目立つように明るい


c0010936_2102653.jpg
花火も楽しめる


17時ごろから活動をはじめ、花火終了の21時頃まで続きます。この日は、花火の終了が伸びたので、30分ほど活動も延長しました。この連絡を密にしなければ、エコステーションの活動に支障をきたすことになります。というのは、帰るお客さんが多くなると、分別をしてもらう余裕がなくなり、一人に対応している間に、他のお客さんが混じったままのごみ袋を置いていきます。流れにのって早く帰りたいお客さんのなかには、エコステーションの存在をしっているはずなのに、ごみ袋を投げ捨てていくこともあります。
c0010936_2161459.jpg
終了ミーティング


本来は、ごみは持ち帰ってもらうのが理想なので、それが定着するまでの橋渡しとして、ごみナビはあります。花火終了と同時にごみナビが終了するのも、持ち帰ろうとしているごみまで分別しなくてもいいのではという発想があるからです。しかし、このやり方にも発展的なやり方はあるかもしれません。

紀北町でのごみナビは、ひとまず成功に終わりました。燈籠祭実行委員会には、このあと報告書と会計決算書などを引き渡すことになっています。そのなかで、もっといいやり方を、来年に提案・実行できればと考えています。

あとは、尾鷲での港まつりでのごみナビです。
間近の8月7日の土曜日に開催します。
しかし、現在までに7名の応募しかないです。
目標は30名、程遠いので、募集に奮闘しなくては。

まずは、紀北ごみナビに参加された皆さま、お疲れさまでした。

by kurage874 | 2010-07-25 21:13 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 石窯の火入れ owasebon第32号の製本... >>