海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
地域が支える仕組みづくり、とは?
書きたい内容はあるんだけど、めずらしくまとまっていません。
言葉が溢れてくるからですが、大体をかいつまんで書きます。

でも、「地域が支える仕組みづくり」を、海月は考えています。
この軸は、尾鷲に来てからぶれていないし、海月の活動の肝です。

最後の最期には、地域で支えることが、住民自治にも繋がります。
その橋渡し役として、いまの海月は踏んばっているつもりです。

でも、もらえるだけもらっといて、未来に残さない活動も目立ちます。
あるいは、そこまで考えていないような、簡単な与え方も目立ちます。

それが、この地域では、当たり前のようになっている現実があります。
だから、この地域を対策してくれる課や、公的機関が存在しています。
よって、他所では市民がやっているまちづくりも、公務員の仕事です。
しかし、そこでは臨時でも雇用があり、地域の対策になっています。

それを覆すだけの信用や資金や率先力が、地域には不足しています。
だから、与えられて活動する住民が、そのときだけ頑張る構図です。
なので、エサがないと活動を停止し、報告書だけが立派に残ります。

海月は、公的資金の助成や補助には、仕組みとしては否定しません。
しかし、ようはそれを活きたお金として使える仕組みがあるかです。
そのときだけ、報告書のためだけのお金は、死に金でしかありません。
そういう活動を目にするので、否定的な見解が多いだけに過ぎません。

2012年問題の問題を、どれだけの人と、当事者が把握してるのか?
ここに、海月が自分でやっていきたい大きな不安と意地があるのです。

しかし、来るべきその年までには、地域に仕組みをつくっておきたい。
いうても、率先したい人たちが手をあげた雇用であるから、次は必要。
そう考えて、とりあえず居場所くらい確保して、きっかけを残したい。

そのために、呑気と本気でやれるような人材を、パートナーにしたい。

ここに海月の気負いがあるのだけど、使命感で人は動いていいはず。

いましかないときを、その瞬間を見過ごしてはいけない。
その瞬間が、いまここにあるのだと思えてならない。

それが、海月が目指したい、「地域が支える仕組みづくり」です。

by kurage874 | 2010-12-24 02:41 |  海月のぼやき
<< クリスマスイヴを家族で迎える 掃除機にもアロマを >>