海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
住民自治と中間支援を考えた1日
ひそかにですが、東紀州コミュニティデザインセンターは、東紀州コミュニティデザインに名称変更しています。正式には、今年の4月からと決めていますが、周知は始まっています。頭文字を取った、略称であるHCDはそのままです。

東紀州コミュニティデザインは、東紀州地域での中間支援を目指した活動をしている組織ですが、NPOの法人格は取得していません。大手を振って、利益を生む組織にしたいとの考えがあるからで、市民活動を支援できるような運営で、飯が喰えることを目指しているからです。

中間支援という言葉自体、この地域には馴染みがありません。そんなことを2005年の9月に始めたきっかけは、大同楽座という現場で、県事業に触れる機会があったからです。そのころは、まだ行政でも中間支援という言葉は新しく、当時の県担当者には、先見性があったと感じています。

私も最初は意味すらわかりませんでしたが、「住民自治の橋渡しができるのでは?」という感触がわかってからは、住民自治が最も遅れているといわれる東紀州で、孤軍奮闘してきた自負も持っています。とはいっても、中間支援モドキの活動ばかりで、だーれにも認められていないとも感じていました。

それでも、現在でも、民設民営で継続しているのには、その延長線上で市議会議員にまでなったことも影響していますが、この地域の住民自治を取り戻したいとの思いが強いからです。私の偏見かもしれませんが、もともと、この地域は、中央主権からは陰日向の存在でしかありませんでした。しかし、その恩恵を受けない代わりに、民衆は自活と自立でこの土地を守ってきました。また、そういった風土に挑戦するべく、外部からの流入者が根を下ろす蝦夷地のような場所であったと思います。それは現在でも同じで、外部からの流入者は、よほどの気概と自律がなければ、この地に根を下ろすことは容易ではありません。それは、迎え入れる側も、生半可では認めてくれない意地の悪さがあります。逆に、受け入れられたあとの待遇は、形としてまで見えなくとも、同志としての共有を感じることになります。そうしてこの地域は、脈々と孤立無援でも生きながらえてきたと感じています。

それが、いつからか行政主導の事業が多くなり、それまでは民間力でやってきたことも、行政の支援が容易に受けられるようになってきました。私が尾鷲に来た6年前は、まだその勢いがまちづくりの分野にも残っていて、行政職員が段取りをすべてやり、イベント当日の人員配置までやっていました。もちろん、けっこうな予算化もされていて、ちょっと毛の生えた市民に、まちづくりをさせてやっているという態度すらはありませんでしたが、そういわんばかりのお手盛りイベントが目に付きました。本来は、率先すべきところで市民が動かずに、当日の目立つ分野で踊らされていると感じたこともありました。それをストレートに口にして、私自身も自分の首を自分で絞めていました。

現在でも、事務局機能の一切を行政が受け持つとか、行政職員が密にかかわるまちづくりは存在しているように感じます。明らかになくなったのは、豊富な予算化ですが、あるときを境に、東紀州の現場からは、そういったイベントが姿を消していきました。少なくとも、県の行政職員が関わるイベントは、めっきりと減っていったように感じています。そのかわりに、数年前からは、美し国おこし・三重がはじまって、かける予算が違うとところにいっている気もしています。あと、緊急雇用系でまちづくりに参入できる分野が多くなり、数年先の生活が保障されていないながらも、お金をもらってまちづくりに参加できる人が増える結果となっています。しかし、民間力だけでやっている私たちにとっては、これが少々厄介と感じる部分もあります。どうしても、お金が発生しているといないのとでは、似たようなことをやっているわけですから、こちらの疲弊は加速気味になってしまいます。

あと、まちづくりには繋がるだろうけど、ストレートにまちづくりとは言えない分野で、新たな行政主導が息を吹き返してきているとも感じています。これも、ふるさと雇用や緊急雇用が顕著な部分ですが、本来は民間でやっていることを、行政が率先して仕事にしている活動が目立つようになってきました。尾鷲市において言えば、6次産業化に行政が主導しているので、結果的には民業圧迫になっている部分や、そもそも行政がやることなのかと感じることもあります。また、東紀州に特化した事業が、県事業のなかには多数存在しているので、これも民間力の妨げになっているのではと感じることもあります。とかく、民間力が発揮できにくい要素が、東紀州には多いようにも感じています。それは、このような活動を通して、目の当たりにすることになったのですが、どこかで共存共栄できる糸口を探しているのも事実です。そうでなければ、この地域で住民自治を提唱する者すらいなくなってしまいかねません。少なくとも、民間側でいなくなれば、行政からはその声は出てこないかもしれません。私たち民間は、その力のなさを理由に、行政の仕事を増やしていることに繋がってしまいかねません。

ここ数年は、行政と対峙する部分が多いのが、中間支援だとも気づきました。すでに行政が、中間支援の分野を仕事として受け持っており、そのことに異論を感じる民間や住民が少なくなっている現実も感じています。それは、東紀州や尾鷲市だけかもしれないと感じることも、県内外の中間支援組織の仲間と接することで、よけいに感じるようにもなっています。どうにも、この分野においては、この地域でいることは、井戸の底にいる気がしてなりません。なので、井戸の底から飛び出して、多くの仲間たちの声を聞いていると、自分というスケールの小ささにも気づかされて恐縮します。かといって、大きな気持ちで井戸の底に戻ってくると、やはりその大きさがあちこちで支えはじめます。

他所を攻撃する気持ちではなく、本当のこととして、中間支援を民間力だけでやっているところがなくなってきました。それは、先の緊急雇用系による中間支援が台頭してきたからで、行政でも民間でも、これを使って活動しているのが本当に目立ちます。緊急雇用系で、中間支援事業に助成される額の上限は、年間500万円位が多いのですが、この額の設定が絶妙で、民間でもそれと同じくらいの出費を伴います。とかく人件費がかさむ部分であるし、機能を充実させるために設備投資すれば、その分の費用も跳ね上がります。私も、民間力で中間支援を支えているつもりですが、人件費の圧迫は予想以上のダメージを伴います。この分野で飯を喰っていくことは、助成のある無しに関わらずに大変な困難を極めるとも感じています。だからこそ、助成による支援があるのも理解していますが、それが民間力の圧迫になっているのも事実です。

少なくとも、緊急雇用系の助成が始まるまでは、私たちへのニーズは中間支援らしいものが増えていました。それは、行政主導のまちづくりが激減し、それに頼っていた組織や団体からの悲鳴が相談となって返ってきたからでした。あるときは、NPOの法人格を取得して、その雑務が実は法人格をとったからには必要な情報公開であることを知ったNPO法人からの相談もありました。まさに本末転倒的な内容ですが、中間支援によって息を吹き返した事例やイベントは、ここ数年で増えてきたようにも感じていました。最後は行政との壁にぶつかることにもなるのですが、中間支援による住民自治への橋渡しは可能であるとの自負も生まれてきました。しかし、現在の私には、確かな相関関係はわかりませんが、行政主導のまちづくりが横行していた時代に逆戻りした感覚に近いものを感じています。

つい最近、私にとっては禁断の申請を、東紀州コミュニティデザインとして応募しました。詳しくは、HCDのスタッフが主に行ったのですが、私も容認・率先しました。つまり、HCDとして、緊急雇用系の助成金に応募したのです(わかりやすく助成金と表現します)。詳細は、このサイトで確認できますが、書類選考の1次通過を果たし、2次選考のプレゼンテーションがありました。ここまで至るには、大袈裟でも自問自答する日々がありました。民間力に挑戦している身でありながら、圧迫を受けていると感じるこの手の助成に手を染めるのかと感じたからです。その行為だけで、私自身の信念に傷が付くような感覚さえもありました。しかし、いっしょに活動しているスタッフを見ていると、日々の日常生活のなかで短い時間をやりくりし、もちろん興味や関心があるからですが、似たような活動に金銭が保障されている他所の芝生とのギャップに、大きな憤りと申しわけなさがありました。それは、私自身は私財を投じながらでも、それは使命感でやっているだけですが、付き合ってくれているスタッフには、公益を担っているだけの相応分を、お金にかえてあげたいと感じたからでした。それが全てではないにしても、ここ数年で、多くの仲間が活動から離れていったことも影響しています。やはり、若さもあって安定していない所得のなかで、金銭の発生無しに、新しい公共にはなりえないと感じたからです。

助成金の申請書類には、スタッフと相談するなかで、6年間の活動を振り返り、あと1歩の手助けがあれば、さらに5年は見通しが立つくらいの気持ちを文章にしました。5年先からのことは、正直なんとも言えないものでしたが、応募したのは1年間に限る助成だったこともありました。なにしろ、スタッフが相談しあう助成金の申請は、HCDとしては今回が初めてだったので、いままで考えたこともないような内容について、それぞれが当事者になって考えました。道半ばか、十分かはわからないけれど、多くの仲間が去っていった原因も、あらためて共有したり、懐かしんだりしていました。スタッフが30代ばかりなので(はじめたときは20代が多かったのに!)、次の世代にどう受け継いでもらえるかを考えたとき、このような活動をしている20代がいないことも話題になりました。脱線しながら、いままでの活動を振り返ることもできました。

結局のところ、プレゼンでの2次通過はしませんでした。1次通過した団体のなかで、配点は最下位だったことも知りました。スタッフからは、「イメージばかりが先行してしまった」、「あのような場は初めてで、たんたんと喋るにとどまってしまった」などの報告を受けました。スタッフは善戦したと思いますが、こういうことに関心を向けてこなかった私自身の責任は明らかです。中間支援をうたいながら、自らがその手法を共有してこなかった自分自身に、しまった!という気持ちと、あとの祭りを痛感したところです。スタッフに対してではなく、自分自身に対して、穴に入りたいくらいの気持ちに襲われてしまいました。しかし、邪だったのではないかと反省するも、いままでとは場違いの会場に、スタッフを送り込んだ私の責任は大きいです。

それでも、今回の助成金には、いままでとこれからの活動に期待した部分が大きすぎました。公職の身であるからゆえ、参加できないのに、私個人の気合いが入りすぎました。どこかで、スタッフへの償いができるみたいな錯覚があったのも確かです。本当ならば、公的な助成や補助に頼らずに、地域から支えられる活動が理想であり、そうでないと継続はしません。これは全ての活動において断言できます。民間が公益を担う活動は、地域企業や個人・団体・組織などからの支えがあって然りなのです。それが行政と本当の協働をしていくことで、本来の住民自治がスタートすると考えています。そういった活動が、この地域で実現できる要素はあるし、それが本来の姿であったはずです。

やはり、本来の道を追求すべきかもしれません。しかし、スタッフや私自身の疲弊も隠し切れません。ここまで民間が追い込まれる環境なのかと感じますが、必要がないものが消えるのも、自然といえばそれまでです。

加速させる原因になったのではないかと、いまは悔やみの方が勝っています。

※しかしまあ、400字詰め原稿用紙12枚半のブログ、だれも目を通さんやろなあ…

by kurage874 | 2011-03-02 23:57 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 21日間の記録は通過点 3月のカフェ営業日と海月のイドコロ >>