海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
身近に感じた物資(商品)の不足
埼玉にいる身内から、オムツが品薄と聞いた。

通販も再開していないし、埼玉ならば、こっちから送れるとお店に行った。しかし、”ない”。しかも品薄状態なのがあきらかである。ちょうど娘のビッグサイズもなかったので、2箱ほどこうてきた。ビッグは残りの在庫があったけど、LやMは売り切れていた。

店内を回ると、乾電池も品薄だった。大型のライトに使える単1電池は売り切れだった。カップ麺も、”配送がままなっていない”旨の表示と共に品薄だった。ちょっと気づかないうちに、尾鷲でも品薄状態が発生していることをしった。買い占める人がいるのかわからないけど、そういった状況になっているのかもしれない。もちろん、海月のように関東地方からの悲鳴に応えなくてはならない人もいるだろうし。しかし、これだけあちこちで地震が続いているとよけいに心配もしたくなる。

さらに、折りしも、ガソリン価格が再び高騰し、この震災で打撃を与えかねない状況になっている。普段ならば、エコドライブで満タンにしていない海月所有の自家用車も、スタンドに行けば満タンにしておくようになっている。どこか気持ちのなかで、”備えておく”という感覚が鋭くなっている気がする。かといって、食糧や非常物を買い置きするほどでもないけれど。

確かに、今回の震災を目の当たりにして、しかもヘリからの津波をまじまじと見てしまった。逃げる車や人の映像が、明らかにスマトラのときとは違った感覚で心を大きく引っ掻いた。情報が発達したぶん、映画では表現しきれない現実を身近に感じられるようにもなった。確実に、次に備える雰囲気が、まち全体にも漂っている気がしている。

一方で、まちがあっけなく津波で崩れ去る映像を見た人からは、「どうせ尾鷲もああなるわい。逃げられるわけないやり」とのあきらめの言葉も耳にするようになった。おそらく、今回のような10m級の津波が尾鷲を襲ったとすれば、旧町内では尾鷲駅あたりまで津波が越えていくかも知れない。そう考えると、まさにコンクリートの高い建物しか残らなくなるのを想像してしまう。

100年に一度か、1000年に一度か知らないけれど、途方もない津波が来るに違いない。それを恐れて毎日は過ごせないけれど、逃げる時間が短いほどに、逃げられない人がでてくるのも明らかだ。確実に生き残りたければ、津波の恐れがある地区には住まないことしか防げないのだ。あとは、とにかく1mでも高い、丈夫そうな場所に駆け上がるしかないだろう。まずは生き残らなければ、次への1歩は踏み出せない。

被災地ばかりに目がいくけれど、被害はない周辺地域で困りごとが発生しているのも事実であろう。日本全体で、流通や経路や輸送の確保を見直さなければならいとも感じた。またそれには、国民ひとりひとりが、できることがあることを再確認もした。初歩的ではあるけれど、自給自足できる環境は、やはり強いとも感じた。

身近なところで、物資(商品)の不足を感じ、思いつくまま書いてみた。誰しもなにかを感じつつ、やはりはやる気持ちを抑えているにちがいない。しかし、抑えられない人もいるのも確かなので、できる限りの情報発信はしていこうと思う。

by kurage874 | 2011-03-16 22:41 |  市民減災まちづくり
<< ※転載 ■東北地方太平洋沖地震... はやる気持ちを抑えるのは難しい... >>