海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
メディアの取材があるのでお願いがあります
もう今日のお願いです。

東紀州コミュニティデザインでは、メディアからの取材の仲介や、取材先の紹介を依頼されることがあります。海月のブログをみての反応が多いのですが、その都度に、店舗を紹介したり、隠れた名所を紹介したりしています。旅の雑誌などでは、定期的にご協力もさせていただいております。もちろん、ブッキングやケータリングも承っております。

今回のメディアの取材依頼では、すでに周辺住民のみなさまには、A4刷りのチラシを配布させていただいております。もう今日ですが、現場にて取材があるからですが、ご近所に迷惑がかかる恐れもあるからです。と同時に、多くの人に集まって欲しい気持ちもあって、ブログでこそっと紹介をしておきます。

取材先は、中井町の松の湯です。

ピンときた人も多いでしょうが、惜しまれながら廃業した松の湯さんで取材があります。ご近所の皆さまには、多少の騒音や賑やかな状態があるかと思いますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

さて、今回の取材では、松の湯にゆかりのある人、もちろん常連客も、懐かしく思った人も含めて、取材の対象者になっていただけるとありがたいです。また、そういった方を募集しています。松の湯にまつわる昔話も聞かせていただければと考えておりますので、興味をもたれた方は、15時と18時に、尾鷲観光物産協会に集まってください。それ以後に関しては、ここに集まっていただいた方に、より詳しくお話があります。それと、今回の取材では、銭湯に入るとか、湯がはってあるとかではありませんので、入浴などはできません。

取材を受けるきっかけは、東紀州コミュニティデザインが中間支援させていただきいましたが、まちかどHOTセンターや尾鷲観光物産協会、中井町の和っしょいの会、中井町の総代や町頭長など、多くの組織、団体の皆さまにご協力をいただきました。また、松の湯周辺の皆さまはもとより、松の湯の常連客の個人にも、快く取材を受けてくださりました。この場をお借りして、ありがとうございます。

いよいよ今日が本番ですので、ゆかりある方には、多く参加してほしいと願っております。また、メディアの取材内容などについては、現段階では公表しませんが、問い合わせなどあれば対応いたします。なお、放送日時などについては、後日公表させていただきます。


◆問い合わせ先
 東紀州コミュニティデザイン
 事務局 端無 22-5554(栄町5-33)

by kurage874 | 2011-03-22 01:19 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 季刊 kalas 11号 災害ボランティアセンターとは? >>