海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
東紀州コミュニティデザインの防災・減災事業部について
3月11日以降フル活動しています。

東紀州コミュニティデザインは、4月1日より、東紀州コミュニティデザインセンターから、”センター”を抜きました。お楽しみはあとにおいておこうと決めました。組織としては同じもので、中間支援を目的とした市民活動支援センターになります。東紀州では、民設民営は東紀州コミュニティデザインだけです。以下、HCDとします。

このHCDには、コミュニティカフェ事業部と、キタガワノホトリ事業部、防災・減災事業部とがあり、経験と歴史としては、前進も含めて、防災・減災事業部がもっとも古いです。もともと、尾鷲市で立ち上げたのも、2004年の三重県豪雨災害があったからで、この時に旧海山町に設置された災害ボランティアセンターの関わりからです。

現在、HCDのスタッフには、NPOみえ防災市民会議が主催する”防災ボランティアコーディネーター養成講座”の受講生が4名おり、被災地での活動経験者も2名(うち1名は私)おります。また、2008年には、尾鷲から災害現場(長野県岡谷市)に2名同行させた経験もあります。2010年には、災害系ボランティアとの広域連携(愛知県名古屋市)にも参画しております。と、密かに、尾鷲から活動することで、逆に尾鷲に注目してもらおうとする試みです。

また、HCDという組織というよるは、人とのネットワークになっているのですが、災害系だけでもかなりの数の組織・団体と連携・共有しており、「熊野灘沖で地震が発生したときは、一目散に尾鷲を目指してね」と口酸っぱくいっています。なので、今回のような東日本大震災の際には、11日の夕方から、情報収集と共有が始まり、いまの後方支援に繋がっています。

今回の災害では、官民協働で設置された”みえ災害ボランティア支援センター”へ参画しており、主に先遣隊へのスタッフ派遣を中心に支援しています。これまでに、2次隊2組5名、3次隊2組2名、4次隊2組2名の計9名を推薦しています。できれば、この地域、とりわけ尾鷲市からスタッフを派遣したいのですが、現在までに1名の派遣しか実現しておりません。残りの9名は、大げさでなく全国から参集してもらっています。しかし、尾鷲やこの地域からの参加を促すことは、被災地とのかけ橋になるだけでなく、貴重な経験とネットワークを還元することになります。

ぜひ、被災地でのボランティアセンター活動に興味関心がある方は、自分にスキルがあるかないかにに関わらず、HCDまで問い合わせをしてください。面接や面談などを経て、支援センターのスタッフとして推薦、または紹介をさせていただきます。

なお、「HCDの活動は、支援センターの活動と別物?」と聞かれることもありますが、支援センターを支援する活動ですので、別物ではありません。こういうときにこそ、県民挙げての後方支援が、被災地には絶対必要不可欠です。縄張り争いや、権威意識では、被災地支援は成しえません。また、そういった行動にならないために、HCDでは、日頃より活動・行動をしています。いかに、日常の中で備えるかが、こういったときに力を発揮すると考えています。

・・・・・・・・・・・・・・
東紀州コミュニティデザイン
防災・減災事業部 担当:端無
kurage874@mbd.nifty.com
・・・・・・・・・・・・・・

※当事業は、日本財団のROADプロジェクトより支援を受けております

◆日本財団からの助成を受けました
 http://crepm.exblog.jp/16317752/

by kurage874 | 2011-04-25 18:49 |  市民減災まちづくり
<< みえ災害ボランティア支援センタ... 高熱→発疹→病院→水疱瘡と断定 >>