海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
東紀州コミュニティデザインができること
東紀州コミュニティデザインでは、4月より事業を明確化しています。

1.中間支援事業部
2.コミュニティカフェ事業部
3.キタガワノホトリ事業部
4.防災・減災事業部


1.中間支援事業部
 中間支援による協働を支援する事業部です。イベントなどの事業を直接支援するだけでなく、その仲立ちをすることで、東紀州地域のNPOや市民の潜在力を引き出します。多くの人材は目立っていない状況で、本来は率先力があるNPOも、目立つタイミングをつかみきれていないのを感じます。そのサポートをすることで、市民力の底上げを目的に活動しています。例としては、尾鷲市での港まつりや、紀北町での燈籠祭における”ごみナビゲートボランティア”などがあります。また、この事業部は、県内外の市民セクターと連携することで、東紀州市民の将来を担っていくことを目指しています。

2.コミュニティカフェ事業部
 尾鷲市栄町の商店街通りにあるコミュニティカフェ”CReAM Lab.(クリームラボ)”を拠点にした活動を支援する事業部です。実際に、”カフエクリーム”という喫茶店も運営しているので(不定期、営業は11時~15時)、コミュニティカフェの運営や活動拠点となる理由などが実体験できます。カフェに挑戦したい人には、店舗の貸し出しなども行なっておりますので、お気軽にご相談ください。現在までに、元はカフェのお客さんであった女性が、”アロマサロンHASU”を2階で営業しております。また、チャレンジショップとしての”レンタル店舗”も用意してあります。さらに、3つのNPOの活動拠点にもなっています。

3.キタガワノホトリ事業部
 市民・NPOなどの交流拠点として管理運営している”キタガワノホトリ(尾鷲市北浦町1-8)”を担当する事業部です。キタガワノホトリでは、定期的なイベント”北川マーケット(奇数月第2土日開催)”を開催することで、市内外の市民やNPOの交流の場を提供しています。また、敷地内の2階には、レンタルスペース”アトリエウミノハタ”を整備し、現在までにNPOと個人事業主に活動の場を与えています。有料利用になりますが、元水産加工所と販売所の広いスペースを確保しているので、定期的に利用するのも、不定期に利用するのも、もちろん活動拠点にするのも、自由度が高い設定となっています。ここがやがて、”市民活動支援センター”の機能も補完できればと考えています。

4.防災・減災事業部
 もともと、東紀州コミュニティデザインを立ち上げた裏テーマに、防災と減災がありました。災害が発生すると、その後の市民的な活動を牽引するのが市民やNPOであるので、その組織づくりをめざそうと日夜奔走しています。それは、東紀州地域で懸念される熊野灘沖の地震と津波があるからで、そのときでは”遅い”となってしまわないように、いつでも行動できる準備と活動をしています。とくに、今回の東日本大震災では、HCDの活動の多くをこれに充てている状況ですが、HCDとしては、初めての助成金も確保して、被災地を後方支援しています。”即応・即断・即決”を信条としているので、災害対応モードになるときと、地域防災を考える日常モードの2つがあります(現在は同時進行です)。


それぞれの事業部に関係するスタッフですが、コミュニティカフェ事業部に、正規雇用を1名しています。民設民営の中間支援組織で、雇用を実現するのは、本当に苦労と苦悩の連続です。しかし、雇用がもっと促進できれば、4つの事業部で学べることは、必ず地域に還元されると自負しています。もちろんですが、これには金銭的な面が障害にもなっています(私が議員であることも障害となることが多い)。

そのほかのスタッフは、尾鷲市を中心に、県内外にスタッフが散らばっています。ちゃんとした企業のようにはいっていませんが、その都度に参集してくれるスタッフたちが、東紀州コミュニティデザインを支えてくれています。理想とするのは、この地域での雇用促進にあるので、各事業部に専属のスタッフがいることと、それがもう少し組織として仕事ができることです。現況を人数で示せと言われると、2~8名くらいになります。

東紀州コミュニティデザインができることは、上記の4事業部に当てはまることですが、市民やNPOあっての東紀州コミュニティデザインです。まちをつくっていくのは、そこに住んでいる人たちですので、そのなかでも、熱い気持ちがある人たちの支援ができればと考えています。それは、声の大きさや組織力などに左右されることなく、個人から組織にいたるまで、同じスタンスで対応させてもらいます。また、市民というスタンスを平準化させることではなく、地域に見合った文化や多様性を活かせるような市民やNPOの支援をしていきます。

個人の力では、または、いち組織の力ではどうにもならないことでも、上下左右を見れば、同じ仲間がいるものです。その仲間づくりのお手伝いをするのが東紀州コミュニティデザインですので、お気軽に声をかけていただければと感じています。東紀州くらいの枠で考えると、意外と活動の幅が拡がっていくはずです。

以上、東紀州コミュニティデザインについてでした。


・・・・・・・・・・・・・・
東紀州コミュニティデザイン
事務局長 端無(はなし)
kurage874@mbd.nifty.com
・・・・・・・・・・・・・・

by kurage874 | 2011-06-08 23:42 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 尾鷲イタダキ市の企画部会 これまでの活動報告 >>