海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
尾鷲イタダキ市の企画部会
尾鷲イタダキ市は、事務局、役員会、企画部会、運営部会で構成されています。

事務局は、商工会議所が担っていて、サポート(オブザーバー)に尾鷲市の担当課が入っています。役員会は、イタダキ市に出店している店舗から選出されます。各部会は、店舗の希望などで企画と運営に分かれます。今日は、その企画部会の定例会がありました。企画部会は、定例会制をとっているので、第2木曜日の19時から開催しています。私が企画の委員長になってからは、ほぼ毎回開催しています。私の前任者も、定例会を開催していたので、企画委員会がやるべきことは、ときに運営に関することも含まれることがあります。また、今年度からは、検討会が新たに期限付きで誕生したので、大きく5つで尾鷲イタダキ市実行委員会は構成されています。

企画部会で打ち合わせをすることは、前回のイタダキ市での反省点や、次回のアトラクションの設定、準備やイベントなどの提案などです。運営面の話では、「9時スタートを守らない店舗への対応」や、「新しくできたトイレに紙がない」、「電源の安定的な確保」など、多くの意見が取り交わされて改善策を考えていきます。常時、5店舗8人くらいは参加してくれるので、定着化した定例会といえます。これは、実行委員会が自立していく上でも、その先頭を切っているといえるでしょう。先代からの意志を継ぎながら、さらに拓かれたイベントにするためにも、企画部会での打ち合わせは、大きな挑戦をしていると感じています。

45店舗が登録し、常時40店舗前後が出店している尾鷲イタダキ市は、年間総売り上げが7000万円くらいにはなっているので(1月を除く年12回、12月は2回開催)、イベント規模としては経済効率が高いといえます。また、来場者に関しても、1,500名から2,500名くらいを数えるので、十分に自立を模索できると考えています。しかし、出店が多いと、それだけ多種多様の考え方もあるので、新旧の温度差も感じることがあります。売り上げにしても、1回に50万円以上を売り上げる店舗から、大同楽座のように数万円の店舗もあるので、平等を求める難しさもあります。

このあたりを、今年度の検討会で考察しながら、実行委員会に提言もしていくので、10年を経過した尾鷲イタダキ市が、次の10年を見据えた改革をしていくことになっています。

賛否両論はあるものですが、尾鷲の事業者の底力を見せる手段の一つには違いないと考えています。

by kurage874 | 2011-06-09 22:59 |  海月のぼやき
<< オトンを困らせる娘 東紀州コミュニティデザインがで... >>