海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
3ヶ月は通過点、折り返しでもなく、笑顔が安堵にかわるまで
東日本大震災から3ヶ月が経ちました。

通過点であり、折り返しでも、終点でもありません。
みなさんもわかっているでしょうが、そう宣言しておきます。
しかし、被災地の復興は、自治体や地域で格差が出ています。

明らかに、民間力を発揮できているか、または上手に運用できているのかの差ではないでしょうか?つまりは、ボランティアの力です。もちろん、行政にも議会にも、それなりの要因はありますが、目に見える格差は、ボランティアの差だと感じています。

たとえば、3ヶ月が経過しても、情報が更新されていなかったり、情報自体が希薄だったりするボラセンのサイトがあります。インターネットを検索して、ボランティアの動きを把握してみると、ポケットのようにボランティアやニーズが少ないボラセンが見えてきます。週末に、1日1,000人を超えるボランティアがやってくるボラセンと、100人に満たないボラセンもでてきています。ボラセン自体の運営体制にも、多様性とともに格差がでてきています。

もうひとつ、被災者にも格差がでてきています。

仮設住宅も整備され始め、仮設に移る人がいる一方で、避難所に居残る人もでています。良し悪しはあるでしょうが、自立と支援の狭間で格差がで始めています。また、自宅避難者と、避難所避難者の格差やあつれきも耳にします。被災者と、ひとくくりできないことを実感します。

被災者については、ボランティアだけではどうにもならないことも多いです。とくに、自立支援については、行政の力はもちろんですが、被災者自身にも関わってきます。しかし、仮設住宅に移っても、ボランティアの力が必要となってくることもでてきます。避難所では把握できていたことも、仮設では密室になってしまうからです。ここに、ボランティアの力を発揮できます。

被災が広範囲であるのに対して、自治体単位では極小的被害であったことも影響しています。沿岸部と山間部の格差もはっきりとしてきました。被災地、被災者、ボランティア…さまざまな格差がでてきましたが、やはりその差を埋めるのは、人間でしかなしえません。

3か月前の出来事を、私たちは忘れることができません。しかし、現実的には、私たちの日常では、3か月前を思い出すのは至難です。でも、東日本の人たちにとっては、忘れたくても忘れられない出来事ではないでしょうか?そこに、まず、日常と非日常の格差があります。

まさに人間の力を試されています。

私たちにできることは、必ずあります。

by kurage874 | 2011-06-11 22:01 |  市民減災まちづくり
<< 食べることで、心を開放する オトンを困らせる娘 >>