海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
HCDは、”つながる野菜プロジェクト(仮)”に賛同します
東紀州コミュニティデザインは、以下の活動を後方支援していきます。

◆三重オーガニックマーケットのブログ
 http://mie-o-market.cocolog-nifty.com/blog/

19日に閉店してしまった亀山の”月の庭”の縁で、三重オーガニックマーケットの加藤君を紹介され、活動への支援を即決しました。「つながる野菜プロジェクト(仮)」と、単純明快なプロジェクトを計画しているので、「まずは、被災地を感じてきてい!」と、今月24日からの、石巻への支援を後押ししました。今後は、「つながる野菜プロジェクト(仮)」が、自立した活動になるべく、東紀州コミュニティデザインも支援していきます。

支援の輪は、どこでつながるかわかりません。

東紀州だけをみていると、思うように進まないことにアクセクしますが、県内外の活動を後方支援できれば、それが東紀州に還ってくることがあるかもしれません。それにばかりに期待するわけではないですが、東紀州からの支援で、ひとつの方向性が見いだせた気がします。

今後は、県内のこうした動きを、まとめサイトのように情報発信できるサイトの構築を模索していきます。「ボランティアがしたい!」と、1歩を踏み出す勇気ができた人に、または、その勇気を出してもらいやすくするために、わかりやすい案内サイトにもなればと考えています。って、そういう人材がいれば、この指とまれをしてください。

あちこちからの支援や活動は、東日本大震災からの復興を支えています。しかし、それが県内での”見える活動”になれば、どこかで誰かがつながっていくはずです。それは、とてつもない可能性を秘めた、三重県の市民力のポテンシャルをあげる活動になっていくのではないでしょうか?

この指とまれ!をしませんか?

・・・・・・・・・・・・・・
東紀州コミュニティデザイン
防災・減災事業部 担当:端無
kurage874@mbd.nifty.com
・・・・・・・・・・・・・・

※当事業は、日本財団のROADプロジェクトより支援を受けております

◆日本財団からの助成を受けました
 http://crepm.exblog.jp/16317752/

by kurage874 | 2011-06-23 09:55 |  市民減災まちづくり
<< 巨石の魅力 子育て、親育て >>