海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
尾鷲イタダキ市の総会と検討会
尾鷲イタダキ市の総会がありました。

現在の参加店舗は、44店舗で過去最高です。
8名の理事がおり、昨日の総会で交替しました。
任期は3年なので、平成26年までとなります。
私は、途中参加でしたが、理事から離れました。
ちょぴり、肩の荷が下りた感じです。

これまでの理事会で、大きな改革は3つあります。

ひとつは、9時開始を周知できたことです。
もうひとつは、企画部会の定例化を定着させたことです。
最後は、イタダキ市の改善検討会の設立です。

9時開始については、とくに外部からやってくるお客さんからの要望も多く、店舗によっても統一がなかったので、一時は競い合うように早く出店することもありました。現在でも、フライングで販売してしまう店舗もありますが、概ね9時開始は周知できているので、単純なことですが、おもてなしの第1歩を踏めたと感じています。

また、企画部会の定例化は、ここ3年前くらいから定着しはじめました。できれば、運営部会の定例化も希望していましたが、これは今年度からの周知事項として、新理事にも引き継いでおります。定例化することで、イタダキ市の課題を見つけ出し、できることからの改善に向けて、行動することができます。

あと、今年度限りですが、改善検討会を設立できたことも大きいです。イタダキ市も、開始から10年を経過し、マンネリ化や外向けの周知の要望も大きくなってきました。参加店舗が飛躍的に伸びましたが、それまでの事業所の出店から、商品開発や地域おこしに繋がるような出店も増えています。イタダキ市が持っている可能性は、単に商品を販売することから、わがまちを広報したり、主力商品の宣伝と販路拡大にと変化もしています。それと比例し切れていないのが、お客さんの入り込み数で、今年に入ってからの減少傾向が顕著となっています。

そのため、改善検討会を設置し、外部を含めた約10名の委員が、今後のイタダキ市のあり方について議論し、理事会に進言していくことになりました。いままでのよいところは引き継ぎ、習慣となっていても、それが内向きな思考であれば、外向けにも改善していきたいとの趣旨で奔走してくれる予定です。

イタダキ市は、年に12回の開催で、年商7千万円の実力を持っています。もう少し、仕組みを変えて、年商1億円の大台に乗せるのが、当面の目標値にしたいです。と同時に、市内への誘導や、参加店舗の販路拡大にもつなげていきたいとも考えています。もちろん、参加を希望しないけれども、市内の事業所との連携も模索していかなければなりません。しかし、いまは参加を希望されるような、魅力づくりも求められています。

まずは、課題探しからはじめていきます。

by kurage874 | 2011-07-01 10:14 |  海月のぼやき
<< 7月の尾鷲イタダキ市と前日準備 娘の保育参観 >>