海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
7月の尾鷲イタダキ市は、浴衣ショーで盛り上がる
第6回目の”ペアーでゆかたショー”でした。

思い思いの衣装で、14組30人が参加しました。
市内の呉服店などの販売促進にも寄与したいと始まりました。
また、7月のイタダキ市は、客入りが少ないこともありました。
これらのことから始まったショーは、定着した感があります。

昨年からは、音響が”係”としているので、しっかりしています。
ちなみに、音響係の田岡商店の若旦那は、DJとしても活動しています。
毎週の木曜日、UstreamでDJナイトをやっています。
こういう人が、尾鷲に”しらっといる”ことがステキです。
c0010936_23384219.jpg
9時開始直後


c0010936_23395396.jpg
10時半頃


10時半からのショーでは、海月は裏方をやったので、とても写真どころではありませんでした。今回は、専属のカメラマンにお願いしたので、参加された方の写真を撮りためています。海月の娘も、こうたばかりの甚平を来てきましたが、参加までには至りませんでした。来年は、誰かと参加させたいですね。たぶん、オトンは裏方やっていますし…

参加者については、継続しての参加が多く、「大きなってるなあ(成長してるなあ)」とも感じました。遠くからの参加もありましたが、浴衣や甚平などは、もっと市内消費が進めばいいのに、できれば、”イタダキ市に参加する方”への共同サービス企画なども面白いと考えていました。割引率の半分を、イタダキ市側が負担しても、それに余るだけの成果があるはずです。今回も、多くの爺ちゃん、婆ちゃんも参加していました。もちろん、手にはイタダキ市でこうた袋を下げていましたし。
c0010936_2347951.jpg
12時半頃


盛況に終わったショーですが、イタダキ市には課題もあります。潮が引くように、11時過ぎには客が引いてしまうことです。今回は、ショーがあったので、会場の周りには人はいましたが、これが終わると、ご覧のとおりです。かといって、毎月のように、三河安城からやってくるお客もいて、イタダキ市の魅力を感じます。私の知っているだけでも、尾鷲市以外からの入り込み客もけっこういます。

このため、魅力づくりは、改善検討会の課題にもなっています。すぐには無理でも、出店者の協力があれば、もっともっと盛況にさせることができるでしょう。これは、当たり前ですが、客の問題ではなく、出店側に課題があるのです。その課題は、尾鷲イタダキ市実行委員会として取り組むべきことです。今回のショーでも、多くの市職員や商議所職員に裏方をやっていただいています。しかし、同じ数だけの出店側からのてったいはありません。ここにも大きな課題が眠っています。

誰かがやってくれるのではなく、自分たちでやる。どうしても足りないところは、それぞれの職員にもてったいしていただく、このようにシフトしていくのが目標です。それでしか、長くは続きません。また、イタダキ市のサポーターをつくることも大事な活動です。例えば、年間契約で、その都度に、イタダキ市の出店者からの物品支給で活動してくれるサポーターです。

まずは、お客からの声を聞き、それを積み重ねることをやっています。自分の目で見て、自分自身が率先して活動し、なにをどうすれば飛躍的に発展するのかを探している最中です。

それをしたいだけの魅力が、イタダキ市にはあるのです。

by kurage874 | 2011-07-04 00:00 |  owaseを愉しむ
<< アレルギーと、食べることの大切さ 7月のカフェ営業日と海月のイドコロ >>