海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
魅力を伝えるのは誰か?という話に繋がれば
今日の尾鷲は、まだ過ごしやすい。

興味深いネタを仕入れてきました。
c0010936_10515590.jpg
伊勢新聞より


1つは、伊勢新聞の特集号です。
先ごろまで、放映していたTVドラマのロケ地マップです。
終わってしまってからなので、これは契約上のことかいな?
海月は、せいて見ていませんでしたが、三重県が舞台になりました。
尾鷲にも縁ある、相可高校の村林先生のドラマでした。

そういえば、フィルムコミッションの話がありました。
かれこれ、3年くらい前ですかね?東紀州を舞台にってやつです。
その頃、TVなどのメディアからの問い合わせが多かったからです。

「どこそこの取材に協力していただけませんか?」って風に。

そのうち、東紀州観光まちづくり公社が立ち上げました。
公的機関がやるので、民間では太刀打ち出来ないと諦めました。
もちろん、共同作業などもないので、こっそりやっています。
しかし、最近を見ていると、同じ店の焼き直しが多いです。
これは、ディープな東紀州の姿とも違います。
魅力はあちこちにあるのに、ちょい残念です。
c0010936_10595322.jpg
おととだより


もう一つは、おととだよりのネタです。
こういうチラシは、実は一番よく読まれます。
安く仕上げている点も、好感が持てます。

最近、おととの活動が活発化しています。
これは、企業が本気を出していると見て取れます。
これまでは、小さな個人の単位での出店でした。
いろいろあるのはよいことです。刺激になります。
c0010936_1142871.jpg
おととギフト


やっぱり、特産品のギフトですよね。
おととも、やっていました。すごいです。

一方のヤーヤ便は、官民協働ですが、尾鷲市の関与が顕著です。
また、ヤーヤ便の商品は、それだけに尾鷲市に特化しています。
でも、これも大事な要素であり、特長です。

しかし、東紀州の特産品ギフトは、HCDでもやってました。
試験販売で終わりましたが、おとと方式の人気は潜在力あります。
東紀州には、食の魅力が満載です。そこをうまく利用しています。
先見の明があったかは別として、HCDの取り組みはGOODでした。
でも、いまでもネットワークは残っています。採用されないかな?
当時、HCD職員は、東紀州を駆け巡って特産品を集めました。
企業とのコラボは、当時には考えなかったなあ…海月の甘さでした。

以上、公的機関がやるのと、民間・企業がやるのには、大きな違いがあります。どちらにも、長所短所があるので、合わさったほうが飛躍します。しかし、どうにも、うまく混ざらないのが現実です。見えている壁があるからですが、これを壊せるかは、公にも民にも求められています。

しかし、こういった延長線上に、議論がはじまった”道の駅構想”が合致すれば、この地域は面白くなるとなると考えています。議論を見守りますが、尾鷲にこだわり過ぎると、魅力は半減します。東紀州くらいの枠で考えていくと、尾鷲の魅力は引き立ちます。これは、他に魅力がないのではなく、入込客にとって感じる魅力です。

ちょいと面白くなってきていると感じています。

by kurage874 | 2011-07-06 11:20 |  海月のぼやき
<< 紀北町民限定ですが、この地域か... くーねるの最新号が届きました >>