海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
尾鷲イタダキ市改善検討会
今日の尾鷲は、なんとなく蒸し暑いです。

表題の会が、立ち上がって数ヶ月経ちました。
いまは、外部委員の了承を取り付けています。
スロースタートでしたが、スケジュール通りです。

開始より10年を経過した尾鷲イタダキ市が、この検討会の立ち上げによって、次の10年を見据えて活動するための起爆剤になるかです。もちろん、検討会を画策した一人としては、起爆剤になるための橋渡しをするつもりです。いつになく、本気モードで取り組んでいます。

検討会は、参加を希望した尾鷲イタダキ市の出店者6名と、外部委員として、3団体の関係者3名を招集しようとしています。これに、商議所が事務局として、市の担当課がオブザーバーとして参加しています。今日までに、2団体の2名より、了承をいただいたところです。

外部委員を招集することになったのは、”外の目”の意見を取り入れるためであり、尾鷲イタダキ市を同じ地域から見てみて、改善する余地や可能性を探ってもらうためです。また、それぞれが大きな事業を責任ある立場で担当している方なので、尾鷲イタダキ市とのコラボレーションができないかも想像しています。地域のポテンシャルが、検討会を通じて高まることにも期待しています。

そのためには、まずは民間力の率先した行動が必要と感じました。尾鷲イタダキ市自体も、事業者の集まりで構成されていますが、事務局機能やおおかたの準備などは、市や商議所におんぶに抱っこの状態です。できれば、自立・自活した活動に移行していくために、検討会が道筋をつくれないかも考えています。そのためには、外部の意見は、大いに参考になるはずです。また、行政や商議所との対等な関係づくりも、検討会のテーマにしています。

検討会の企画提案は、理事会の承認を経て実行されていきますが、今年度の理事会も刷新されたので、本気モードが高くなっています。理事会でも、検討会でも、また外部委員からも、「本気で取り組むなら、参加するよ」との言葉をいただいています。不思議と、皆さん同じ言葉を語っているので、こちらも本気出して取り組もうとしています。

尾鷲市においても、道の駅や港湾周りの活性化など、尾鷲イタダキ市にも関連するような事業が展開されています。その事業にも、積極的に関与し、出店者44店舗の総意を組み入れられるような活動ができればと考えています。今後も、尾鷲イタダキ市の出店舗は増えるでしょうが、ただ増えるだけでなく、魅力をどう創造していくかだとも感じています。また、商品開発の発表の場など、可能性が試される場であってもいいと感じています。そのバックボーンの整備も、実は個人的には考えていたりもします。企業や事業所でなくても、または補助金ありきで進めなくとも、商品開発や試験販売ができる環境づくりです。

できれば、大きな事業を取り込めないかとも考えています。
このあたりは、慎重に迅速に、検討会でも提案していきます。
まずは、尾鷲イタダキ市が、独り立ちできないか、です。
雇用が生まれれば、なおさら面白くなると考えています。

いろいろと考えながら、できる事から、すぐにでもやっていくのが検討会です。いよいよ、です。

by kurage874 | 2011-07-27 22:04 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 娘と、赤灯台まで散歩する あと1ヵ月… >>