海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
「新しい公共を支える資源循環の基盤づくり」事業に応募する
今日も暑かったですね。
ザザーって、雨ほしよ。

■三重県生活・文化部:「新しい公共を支える資源循環の基盤づくり事業」 企画提案コンペを実施します
 http://www.pref.mie.lg.jp/D1SEIKA/app/details/index.asp?cd=2011080172&ctr=jbls&jbox=8

この事業に応募しました。
東紀州コミュニティデザインのことです。

応募するかどうか、けっこう考えに考えて、夜中に5時間で仕上げました。内容としては、これまでやってきたことに絞り、新たに事業化したことはありません。あくまで、6年間やってきたことを、粛々と指定様式に書き写したといった感じです。過去2回、緊急雇用系の事業に応募しましたが、2次審査の公開プレゼンで落選しています(平成21年度NPO活動基盤強化事業、平成22年度NPO支援機能強化事業)。

このうち、東紀州地域での活動として事業採択された団体のうち、現在も活動を継続している団体は、確か1団体だけかと思います。委託契約が終了した時点で、事業から撤退、または停止したといっていいのではないでしょうか?本来は、継続的な面も採択される条件でしたが、諸事情あってのことでしょう。やはり、この地域でのNPO活動は、非常に難しいと言わざるえません。

それでも、落選した東紀州コミュニティデザインは、なんとか細々とやってきています。それだけ、たいそれたことをやっていないからですが、雀の涙ほどの給与で雇用も継続しています。人によっては、安定した就職への繋ぎであったりもしますが、それでも在籍している間に仕事をこなしてくれれば、それはそれでいいとも考えるようになりました。人材は育てられないと知ってから、いっときでも活動の一端を見てもらうことのほうが、将来的に何か役立つだろうと考えています。

ただ、オーナーでもある海月は資産家ではないので、資金的な台所事情はもちろんですが、幅広い人材確保の点で、とうとう底が見えてきた感じがします。人材を解りやすく言えば、有償の常勤、有償の非常勤、無償の常勤、無償の非常勤と4つにわかれています。有償の非常勤の場合は、イベントなどの手伝いをしてくれたときに、有償ボランティア程度で対価を支払います。金額にすると、それこそ500円から1,500円の範囲内が大半です。事業内容によっては、1日3千円、または5千円ということもあります。

有償の常勤は、現在2名を雇用しています。時間給750円で、1日4時間の勤務が基本です。月20日は勤務するので、だいたいの給与計算ができますよね。本当は、もっと時間を延ばすとか、時間給をあげるとかしてやりたいのですが、ここが台所事情になってしまいます。一方、その勤務内容ならば、空いた時間でやりくりできると、ハローワークに登録していることもあって、問い合わせも月に数件あったりします。いまは、ここに着目して、そういった雇用形態でなにか変化を起こせるかも知れないと感じています。

人材の確保が難しくなってきたのは、無償の常勤です。常勤と言っても、雇用的な常勤ではなく、常に活動に関わってくれる人材のことですが、ここの層が薄くなっています。NPO活動の場合、この人材がたくさんにるほどに、活動基盤がしっかりします。お金を対価として求めているわけでなく、人生の1ページとして参加しているのですから、もっとも欲しい人材です。そういう人材が、密かにまちや地域を支えているとも感じています。東紀州コミュニティデザインでも、プロジェクトCReAMでも、owasebon制作委員会でも、この無償の常勤が、これまでの活動を支えています。人の数にすれば、いまはほんの2-3人です。この2-3人が、まちを支えらるわけないと言われそうですが、非常勤として参加してくれる人たちを支えているので、活動の多さと比例して、裾野の拡がりはけっこうになります。

近年、この人材が減っていき、活動自体を支える負担率が増えています。過去多い時には、5人くらいはいたと思います。「え、5人て少なくない?」、NPO活動を実質的に支えるのは、このくらいの数だと思います。その5人には、それぞれ非常勤として参加してくれる人材を持っているので、その繋がりで、全体の活動が大きなうねりと見えてくるのです。この人材は、市議会議員としての私の支持者とはイコールではありませんが、やっかむ人からは、若者やボランティアを牛耳っていると見えたのでしょう。過去には、よくそれを引き合いに出されましたが、いまは言われることがありません。ということは、やはり活動が目減りしているのかも知れません。

雇用としてみたNPO活動を書いているので、なんだかカタイ内容ですが、そもそもNPO活動と一括りにしているだけで、そこに参加する人たちの気持ちはさまざまです。それだからNPO活動はオモチロイのですが、なにも「自分はNPO活動でまちを支えている」とは思って活動してないのが普通です。しかし、どこかで、「自分の活動は、将来や未来のこの地域を左右するのかも知れない」みたいな感覚を持つことがあるのも確かです。それが、無償の常勤の立場になったときに、より顕著に自覚すると感じています。まさに、海月自身がそうでしたしね。これが、新しい公共となって、次の世代を支えていく人材だとも考えています。なので、こういう人材が点在しているのも事実なので、ていねいに脳の引き出しに留めておくことで、いざというときには役立つのです。できれば、同じ東紀州コミュニティデザインとして活動してくれたらと思いますが、そこは諸事情あるだろうしね。これは、東紀州コミュニティデザインの名前を残したいのではなく、同じ土俵で活動すれば、もっとわかりやすいと考えるからです。

新しい公共を支える資源循環の基盤づくり事業に応募しましたが、わりと早い話をすれば、例えば、県庁舎単位の県民センターの一部機能を民間譲渡すれば済む話かもしれません。いままでは行政として活動していたことを、新しい公共として委託契約するわけですから、なにも事業をつくらずとも、いままで県民センターがやってきことを民間でやらせてみるまで、ではないでしょうか?海月が応募に躊躇した一つに、こういった考えがあるのも確かです。民間に、新しく事業を考えさせ、応募させ、吟味させ、委託契約したとしても、そもそもの行政側に組織や部署として残るなら、住民自治は進まないのにと感じるからです。こういう書き方をすると、その部署の担当者に失礼かと言われそうですが、公共の民間移譲は、私にとっては住民自治への誘いです。いますでにある仕組みと予算の範囲内で、いま以上の結果を出す自信があるからです。

こんなことを書いて、2次審査に影響与えたら本末転倒ですが、まずは、県庁や県庁舎の仕事のなかで、民間移譲していい事業や部署を精査していただいて、それを新しい公共に委託契約して欲しいものです。それが、各自治体の市町行政でも、同様に民間移譲していけば、公務員の給与が高いや、公務員はイイよね、なんて陰口叩かれることも減ってくると思いますよ。公務員にしかできない仕事は、実はたくさんあるはずなので、ある意味では、公務員の評価が一転するきっかけをつくるかも知れませんね。これが、いままでNPO活動を強化・支援すると言いながら、行政の見直しに着手していないように見えたことによる、海月の躊躇に繋がっています。

とはいえ、新しい公共への取り組みは、どことなく嘘っぽくなってしまった”協働”の”協働”を取り戻す可能性を秘めています。6年前に、協働とはなんたるや?から、東紀州コミュニティデザインははじまりました。その当時は、協働の認識などあいまいで、居合わせた人の考えも十人十色でした。海月にとっても、なんか胡散臭いイメージで、協働言いながら、行政にはお金の対価があるじゃない?って感じていました。いまはもう、協働なんてあまり使わなくなってしまいましたが、見直すにはいいチャンスかも知れません。

いろんなことを考えながらも、踏ん張るしかないのだと感じています。民間によっている誰かが、こういったことを頭に描きながら生きていかないと、公務員はすでに考えながら仕事をやっています。そこが公務員のすごいところであり、正当な狡猾とも感じるところです。

さて、2次審査通過するかいな?

by kurage874 | 2011-08-23 23:36 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 9月の尾鷲イタダキ市に、よしも... 娘とドライブデート >>