海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【紀伊半島生活取戻し隊】第4次隊の活動~1日目~
今日は2名の参加でした。
2名でできることをしました。
なので、それほど疲れはありません。
まあ、慣れてきたのもあるけどね。
c0010936_0385928.jpg


今日最初の活動場所は、熊野市五郷町和田地区です。寺谷と和田に架かる橋が流され、田んぼは稲穂がついたまま、砂と石だらけになっています。広範囲に堆積しているので、これはボランティアでは復旧できません。しかし、流木と石の撤去くらいは、できる作業でしょう。
c0010936_028064.jpg


長野県から駆けつけてくれた”けんさん”は、ユニック付きの2トンダンプと、ハスクの346XPと、スチールの020(MS200)の装備です。造園業に従事している以上に、器用で機転が利く方でした。初めてお会いしましたが、なんともちょいワルオヤジ的な、ダンディーなおっちゃんです。それにしても、ハスクの346XPの切断力は、ウルトラマンのスペシューム光線のように切れていきます。
c0010936_031118.jpg


c0010936_0401230.jpg


流木をケチらかし、株っ太をユニックで吊り上げて、午前の作業を終えました。田んぼの持ち主がやってきて、「みっともなかったんで、ありがたい」との声をいただきました。稲穂がついたまままので、この田んぼでは、大きな収入源を失っています。今後の復旧にも頭を悩ませていると聞きました。確かに、この状態を元に戻すには、かなりの土木工事と区画整理が必要と思われます。
c0010936_044912.jpg


c0010936_0445153.jpg


けんさんの器用さには脱帽ですが、資機材の使い方も熟知しています。こういう方と一緒に作業をしていると、なるほど学ぶことが多いです。私のチェンソーは、田舎仕込みの素人作法ですが、さすがにマキタのチェンソーでは、「木は切れんでも、息は切れてたね」と言われる始末です。来週末にはなんとかしないと、私も作業になりません。私が壊したハスクは、5万円を超えるような勢いだしなあ…
c0010936_0485172.jpg


c0010936_0502379.jpg


今日の作業は16時頃に終了し、ちょうど雨もぱらついてきました。けんさんは、近くの温泉にでも行って、この場所にテントでも張るよとのことでした。なんとも飄々としていて、かっこ良かったなあ。こういった人とコネクションがあると、災害現場での活動は飛躍的に向上します。少なくとも、私たちの紀伊半島生活取戻し隊では、そういった人材が集まってきてくれます。本当に、ありがたいことです。

明日も、ふれあい公園を中心に活動し、ここでの作業に一定の目処をつける予定です。今日も、地元の方がカメラでこの場所を撮影しに来ていましたが、最初の頃を思うと、ずいぶんと片付いてきました。根本的なところまではいきませんが、この場所に着手したのは正解でした。立ち寄った先でも、「あんたら本当にすごいなあ」と感心されましたが、やがては地域主体になっていく橋渡しが出来ればと感じています。

残り2日、皆さまの参加をお待ちしておりますね。

by kurage874 | 2011-10-01 00:57 |  市民減災まちづくり
<< 客足が低調だった…尾鷲イタダキ市 カワムーと、尾鷲で食べ廻り >>