海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【紀伊半島生活取戻し隊】第6次隊募集のお知らせ
今週末も、6次隊を編成します。
これまでに、通算12日、延べ114名に参加いただいています。
c0010936_005864.jpg


重要なお知らせが3つあります。

1つは、とくに土曜日の天候が雨予報なので、強く降るようであれば中止にします。その判断が難しいのですが、前日の夜23時頃までには判断して広報できるようにします。しかし、集合場所に来てから中止となる場合もあります。現地に行ってから、途中で中止の可能性もあります。まずは、この点をご理解ください。


もう1つは、チェンソーについてです。問い合わせがちょっと増えてきて嬉しいのですが、チェンソーは、扱いに慣れていても、大変危険な資機材です。場合によっては、ミニバイク並みの排気量を両腕で支えながら作業するので、間違えば大きな怪我をすることになります。本隊のもとで活動した場合の事故については、ボランティア活動保険が適用されますが、怪我ではなく、死に至る可能性も否定できません。ましてや、災害時で使用するチェンソーニーズは、重なりあった流木や、ねじ曲がった生木の処理など、ひと通りのノウハウを必要とします。

マイソーを持っていらしても、初心者や使用状況などによっては、私の判断で取り扱いをやめていただく場合があることをご理解ください(とくに空いた時間があれば、初歩的な講習はしますが、作業はできませんし、基本的には空いた時間はありません)。なお、私の判断に納得できない方は、本人の事故はもとより、参加者の安全を確保する責任がありますので、参加を取りやめてください。また、チェンソー使用における相談には、可能な限りお答えしますが、”お金が貰える”が先行して参加を希望される方がいたとすれば、同様に本隊への参加を取りやめてください。本隊は、あくまで特殊ニーズにおける災害救援ボランティアであり、活動費が出るボランティアではありません。この件では、いくつかの問い合わせもあるのですが、本隊の判断により、チェンソー使用における”支援費”は支給されても、危険な作業の対価としては割りに合うものではありません。太字にしたこの内容は、とくに熟読・ご理解いただきたいと考えています。


最後は、問い合わせについてです。本隊の活動は、ボランティアセンターには報告している活動ですが、ボラセンの指示で活動していないことがほとんどです。現地のカウンターパート(現地を知る人)より、ニーズ(作業要請)のお知らせがあったり、私自身が調査をして、区長さんなどと交渉したりして活動をしています。よって、本隊の活動についてのお問い合せや申し込みは、紀伊半島生活取戻し隊を主宰している、東紀州コミュニティデザインの防災・減災事業部までお願いします。また、このブログに掲載しているすべてのことについても同様です。

以上の3点について、ご了承くださいませ。

なお、参加者については、メールアドレスを教えていただければ、状況報告や共有を逐一することができます。さらに、携帯アドレスであれば、迅速に対応できます。また、アドレスを教えたくない方は、Twitterであれば、返信やメッセージは、私の携帯電話に転送されるように設定しています。メールについては、基本24時間送信OKです(対応は保証できませんが)。


紀伊半島生活取戻し隊
東紀州コミュニティデザイン
防災・減災事業部
担当 端無徹也(はなし)
kurage874@mbd.nifty.com
090-8658-6601

by kurage874 | 2011-10-12 00:35 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 子育ては親育て 今日は親子日和 >>