海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
HCD職員の雇用と、カフェ運営者の募集について
雇用は難しいです。
しかし、挑戦したくなるのはなぜだろう。

◆東紀州コミュニティデザイン(HCD)の事業
 ・コミュニティカフェ事業部
 ・キタガワノホトリ事業部
 ・防災・減災事業部
 ・中間支援事業部

このうち、コミュ二ティカフェ事業を除く、3事業部を担当する職員を募集しています。月給12万円(週休2日で、1日7時間勤務)で、とりあえずは平成25年の3月末までは雇用が継続します(半年ごとに見直します)。詳しくは、ハローワーク尾鷲に求人登録しているので、興味のある方はご確認ください。また、事務局長の私までお問い合わせください。

また、希望すれば、家賃3万円の借家を紹介します。6畳2間続きと、4畳半、2畳、6畳、台所、洗面所、和式の水洗トイレ、お風呂(シャワー付き)です。駐車場は、月1台8千円で、2台分を確保できます。また、離れた場所ならば、月1台5千円もあります。光熱水費は個人契約になるか、相応分をお支払い頂きます。

あと、コミュニティカフェ事業部の運営者も募集しています。ただし、給与の支払はなく、月3万円でレンタルします。光熱水費は別途請求しますが、座席数最大15席(カウンターあり)で、いつでも営業できるようにしています。もちろん、自己負担をしていただけるならば、内装や調度品を刷新していただいてもかまいません。厨房機器や食器類も同様です。なお、光熱水費は、上記の職員とシェアできれば、割安になります。だいたい、月5万円程度なので、3.5万円くらいかなあって感じです。同じように、オプションで駐車場も確保できます。

もしも、職員とカフェ運営者が同居できる(シェアできる)のであれば、それでもかまいません。家賃3万円のシェア率などは、双方でご相談ください。ただし、カフェ運営の固定費が高くなるので、6畳一間を無料で貸してあげるくらいの器量があればいいですね。そのカフェ運営ですが、すでに固定費が約6.5万円なので、ある程度の売り上げを確保する必要があります。商店街通りにあるカフェなので、やりようによってはどこからでも人がやってきます。モーニングとランチで攻めるか、ランチと夜カフェで攻めるかになります。モーニングから夜カフェまでやれれば一番いいですが。この辺の相談には乗ります。

この建物には、4畳半くらいの土間もあるので、ここに店舗を入れることも可能です。その場合、レンタル料を徴収していいので、それは運営者の収入にしていただいてかまいません。過去には、古着屋が入店していました。また、限定八百屋をやったときは、すごい人出になっていました。オーナーとしては、八百屋などの商店街にあるものの再建が狙い目だと感じています。これも別途相談にのります。

以上、お気軽にご相談ください。
よろしくお願いします。


東紀州コミュニティデザイン
事務局長 端無徹也
kurage874@mbd.nifty.com

by kurage874 | 2011-10-28 02:21 |  東紀州コミュニティデザイン
<< ソーチェンを交換する owasebon第40号について >>