海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
紀和町での復興支援新年会と、小船地区の現実
尾鷲イタダキ市のあと、片付けやって、急ぎ紀和町へ。

でも、この週末は、北川マーケットも開催してました。
なので、こっちに顔出せたのは、日曜日の15時からでした。
c0010936_1524132.jpg
瀞流荘


当初の目標は、15名くらいの宿泊参加でしたが、9名にとどまりました。それでも、愛知県の春日井市や奈良県奈良市、県内でも四日市市、鈴鹿市、津市や伊勢市など、遠方からの参加者が大半でした。15時半からの会議には、日帰り参加も4名もいてくれて、僕としては非常に嬉しかったです。欲を言うときりがないですが、地元での関心度は、ないよりはあったほうがいいのになと感じます。

会議では、紀伊半島生活取戻し隊の解散を宣言し、今後は新たな組織の立ち上げを提言しました。言いそびれてしまったのですが、”熊野レストレーション”って名前で、今後は活動していこうと考えています。災害支援を裏テーマにした、森林里山系ボランティア組織です。これが、NPO法人になるか、事業体になるかは、今後の課題です。少なくとも、会議で共有できたと思うのは、「今後の生活支援のあり方はどうなのか?」、「山の保全が必要ではないか?」、「そもそも災害支援のあり方ってなんだ?」など、この場に関係者がもっといればなあって感想です。

会議後は、3つに部屋割りして、湯の口温泉の泉源を楽しんで、夜の新年会へと突入しました。今回は、紀和町の瀞流荘を拠点にしましたが、現地のカウンターパートは、紀和町ふるさと公社の松尾さんで、九州からIターンしてきたパワフルな女史です。もとは、G-netと三重県が協働したインターン事業が縁ですが、唯一のIターンモデルかもしれません。彼女の彼氏は、G-net関係の活動をやっていて、その話もしましたが、Iターンが定着できる生活の場へと繋がれば、この事業自体の真骨頂だと思います。その松尾さんのコーディネートで、今回の企画は、素晴らしいものになりました。
c0010936_1275718.jpg
紀和町ふるさと公社の松尾さん


新年会では、紀和町の特産品がてんこ盛りでした。熊野地鶏は、歯ごたえの良さに感動で、地鶏鍋をはじめ、フリッターは新食感でした。あれは、もう少し小ぶりすれば、ご当地グルメになると思いました。マクドのチキンナゲットみたいにして、もっと高級感をだせばですね。あと、刺身が秀逸で、期待していなかっただけに、これも感動しました。尾崎酒造の太平洋の差し入れもあって、会は大いに盛り上がり、ここでしか会話できない裏話やボヤキや今後の展望も、貴重な時間となりました。やはり、無礼講の場でしか得られない課題があるものです。

さんざん楽しみましたが、大半が1つの部屋に集まって、より濃い内容の2次会となりました。前日、1時間半程しか寝ていなかった私は、後半は睡魔というよりかは、意識が朦朧でした。しかし、あの場での会話や話題は、どうにか頭の引き出しには入れておいたので、いまはそれを引っ張り出しては思い起こしているところです。災害支援のあり方は、実にさまざまなのですが、いきつくところは人であり、人は人でしか繋がんないってことに尽きます。私が、災害支援で突き進めるのも、こういった人の繋がりがあるからで、それを人は人脈といいますが、動けば動くだけ、人脈は勝手にできてくるものです。東紀州の民は、シャイな方が多いから、この人の繋がりが枠内という人が多いですが、それはそれで財産になることもあるので、私のような右往左往する飛び回りがいてもいいのだと思います。なんかに例えると、山ねずみロッキーチャックのあの”鳥”ですね。「ニュースだよ、ニュースだよ」って飛び回っていました。なんだっけかな。かなり好きなアニメでした。ああいうイメージが、東紀州での私の立ち位置かもしれません。
c0010936_2221529.jpg
小船といえば梅


翌日は、比較的遅い出発にして、紀和町小船地区に向かいました。峠を越えていくので、「どんな山里に行くのだろうか」と思いますが、場所は川の端の集落です。瀞流荘で北山川を見ていただけに、その下流となる北山川との位置関係は、「川はどっちに流れとんねん」って気にもなります。その小船地区は、紀和町でもぜひ訪問したかった場所で、これより下流の楊枝地区には行っていましたが、小船もまた、大きな被災を受けました。
c0010936_24713.jpg
高台のお寺が禅燈寺


お寺に訪問し、新宅区長さんと、岡本前区長さんにお話を聞きました。いまなお、お寺での集団避難生活が続いていますが、新宅区長さんには笑顔が絶えません。それだけに、「もっと私らも、元気を置いてこなくては。もっと頑張ってやらなければ」って感じます。2人とも、元郵便局職員で、そういった顔の広さも器量もあって、各地からの支援もあるようです。一番は、金銭の支援になりますが、ちゃんと口座を開設しています。

■【情報提供】熊野市紀和町 小船区復興支援基金
 http://mvsc.jp/mie/2011/10/21/804/

10世帯のうちの7世帯が被災し、20人が暮らしていた集落も、2人がまちを離れたそうです。その時の映像は、大きな反響があったようですが、もとは炭鉱・鉱山のまちだったようで、多い時には1,000人ほどの住民がいたようです。
c0010936_2261665.jpg
上がり家(あがりや)


上がり家については、初めて聞く話で、水害を受けてきた経験から生まれたものでした。本宅が水に浸かったときに、それより上に小屋を立てておいて、そこに家財道具を上げたり、その後の仮設住宅としたりしたようです。もとは、流域のどの集落にもみられたそうですが、上流にダムができたこともあり、水害の被害は軽減されたことからなくなっていたようです。小船には、この1軒しか残っていないということで、この本宅は基礎しか残っていませんでした。しかし、そのダムの放流で、本宅が被害が受けた言うのも皮肉です。
c0010936_2321018.jpg
寺より集落を望む


小船では、3月4日に梅まつりが開催されます。そのイベントボランティアに、ぜひ我々も参加させていただこうとなりました。ここは、IVUSAも70人ほどがボランティアに入った場所で、「あのときの学生さんたちのボランティア活動で、私たちも梅まつりの開催を決めた」と言っておられました。なんだか、嬉しく感じました。何かできることはあるはずで、3月3日と4日は、皆さんも日程を空けておいてくださいね。
c0010936_236916.jpg
湯の口温泉駅


予定時間ギリギリまで滞在し、湯の口温泉に戻ってからは、トロッコ列車で瀞流荘に帰りました。こういった粋な演出は、松尾さんあっての企画です。参加者の皆さんにとっても、サプライズな出来事になりました。激しい揺れでしたが、新宅区長さんの言葉を噛み締めならが、次の一手を考えている自分がいました。
c0010936_243346.jpg
トロッコ列車


c0010936_2441791.jpg
ガタガタガタガタ


c0010936_2444880.jpg
お昼弁当付き


瀞流荘に戻って解散式をしました。このあと、この先の小川口から、ジェット船で観光したグループもいました。居残った私たちは、お昼弁当を食べましたが、この弁当の豪華さと旨さも必見です。今回の参加料は、1人10,000円でしたが、超える分は東紀州コミュニティデザインが負担しました。紀和町で宿泊するとは思いもよりませんでしたが、あの食事と温泉の良さは、娘とお忍びでやってくるには丁度よいかもしれないと感じました。何度も言いますが、カウンターパートの松尾女史には感謝いたします。

無事に、復興支援新年会は終わりましたが、次のスタートが切れた気もしました。できれば、こちらで支えてくれるスタッフも欲しいところですが、ないものねだりはできません。ちょっとオーバーワークしているなあと思いつつ、尾鷲に戻って来てからは、北川マーケットの手伝いをやりました。

参加れた皆さま、本当にありがとうございました。

by kurage874 | 2012-01-17 02:52 |  市民減災まちづくり
<< 怒号の1週間 1月の尾鷲イタダキ市は10年ぶ... >>