海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
地域円卓会議について~新しい公共推進指針(仮称)策定事業~
私が理事を務める、みえNPOネットワークセンターからの案内です。

詳しくは、三重県NPO室のリンク先を参照するとわかりやすいです。

■新しい公共推進指針(仮称)策定事業
 http://www.pref.mie.lg.jp/NPO/shishin.htm

c0010936_22593295.jpg


ここに、尾鷲での案内も掲載されています。
それが、東紀州コミュニティデザインが実施する地域円卓会議になります。

【尾鷲】
テーマ:豊かな地域をつくりだし人が集まるまちづくり~地域にとっての幸福(しあわせ)を考える~
 日 時 平成24年1月29日(日)13時30分~16時
 場 所 三重県立熊野古道センター
 問合せ 東紀州コミュニティデザイン
 〒519-3606 尾鷲市北浦町1-8 キタガワノホトリ
 TEL&FAX 0597-22-8618

東紀州コミュニティデザインの事務局長である私が、みえNPOネットワークセンターの理事を務めていることから、円卓会議の東紀州版を担当しています。この取り組みには、志原川の環境整備に務める”あつまろらい”も、協働スタッフとして活動していただいています。

苦労した地域委員の選任ですが、”この地域で歯を食いしばって生活している人たち”に声をかけました。しかも、”東紀州ならではの、ユニークな存在であること”も条件にしました。おもしろい人や、ユニークな人ならたくさんいますが、この地域で踏ん張っている人は、自分で道を切り開いてきた、または切り拓こうとしている人たちです。実は、けっこういるんですけどね。みなさん表に出たがらないので、選任は本当に苦労しました。

「行政への取り組みには疑問がある。こういった会議は、過去にもたくさんあった」

この言葉に集約されるように、「もう騙されない」的な考えもあるからで、あとは行政を頼りにせずとも、なんとかやっていけている自負もあります。そういった人たちに、あえて今回出ていただいたのは、私なりの思いもありました。東日本大震災と、その後に発生した紀伊半島南部の豪雨災害です。この2つの災害を目の当たりにして、「いくら踏ん張っても、自然災害にはやはり勝てない。勝てないけど、勝てないなりに備えることはできる。それは、個人では無理かも知れないけれど、地域に住む全ての知恵と、外部の知恵が入り混じれば、なんとか乗り越える糸口が見つかるかも知れない」と感じたからです。

コミュニティが崩壊し、再生不可能になる自然災害は、この地域でも他人ごとではありません。これらの災害で、一瞬にして、これまでの苦労や業績が、奈落の底へと落ちて行くことを学びました。ただでさえ、苦労を強いられる地域ではありますが、本気を出して行政が取り組むのであれば、また、取り組まざるえない状況に持っていけるならと、密かな気合が入っているのです。東紀州でいえば、行政があたりまえのように、民間の仕事を奪ってくこともあるなかで、新しい公共が目指そうとする先が、本来の東紀州の民の力を取り戻すきっかけになるのではと、私自身も踏ん張りどころだと感じるのです。

以下に、地域円卓会議in東紀州の概要をお知らせします。
みなさまの参加と、東紀州の声を、どうぞ届けに来てください。
多くの民の意見を、東紀州の総意として届けていきます。

■会議の進め方
 地域円卓会議は3回を予定しています。(県下8地域でそれぞれに行われます)

 ①第1回は、1月29日(日)13半から16時まで、県立熊野古道センターにて行います。各地の独自のテーマにそって意見交換し、県の委員会に報告します。
 ②第2回は、4~5月に開催し、県の委員会がまとめた骨子を検討し、県の委員会に意見を提出します。
 ③第3回は、10~11月に開催し、県の委員会がまとめた中間報告案を検討し、県の委員会に意見を提出します。

■選任委員(順不同)
 大西 誠 (大西農園 熊野市金山町)
 野地 洋正(野地木材工業株式会社 熊野市井戸町赤坂)
 中平 孝之(有限会社赤倉水産 熊野市金山町)
 石本 慶紀(石本果樹園 紀宝町鵜殿堤谷)
 中尾 友美(創作料理レストラン日和 御浜町下市木)
 田岡 優 (田岡商店 尾鷲市港町)
 谷口 晴泰(谷口製材所 紀北町海山区船津)
 奥川 克巳(奥川ファーム 紀北町紀伊長島区島原)
 尾上 和寿(モクモクしお学舎 尾鷲市古江町)

■当日の進め方
◆テーマ
「豊かな地域をつくりだし 人が集まるまちづくり ~地域にとっての幸福(しあわせ)を考える~」

◆内容(3時半から16時の2時間半)
  1.趣旨説明 10分
  2.問題提起 20分
  3.問題提起を受けた地域円卓会議 60分
    (休憩) 10分
  4.3の円卓会議を受けた参加者との全体討論 40分
  5.まとめ 10分

◆約束ごと
 ・会議は、意見を提出する場とします。結論を導くためではありません
 ・相手の意見に対しては、対論をもって批判することは可能ですが、言いっ放しはいけません
 ・一人あたりのスピーチは、概ね5分で打ち切ることにします。また、裁量は司会にあります
 ・テーマに沿った意見を求めますが、組織を代表した意見ではなく、それぞれの経験をふまえた視点のひとつを提示します

◆司会進行
 東紀州コミュニティデザイン 事務局長 端無

by kurage874 | 2012-01-26 23:27 |  東紀州コミュニティデザイン
<< ヤーヤ祭りの季節です 決心 >>