海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
NPOで働くということ
稼ぐのはしないといけない、儲けるまでしなくてもよい。

僕にとってのNPO活動は、お金で言うとこんな表現です。

生きていくには、ある程度の稼ぎが必要で、それはNPOだろうが、その他の仕事だろうが一緒です。でないと、国民年金や国民健康保険、または多くの税金ですら納められないし、娘を養うこともできません。

ただ、NPOで働くということは、いまの僕では非常に難しい境遇にいることなので、無駄遣いは極力避けたい生活をしているつもりです。その一端が、趣味の凍結です。尾鷲に来て、それまでの多趣味を凍結し、道具などはほとんど倉庫の肥やしにしてしまっています。山歩き、キャンプ、フライフィッシング、海釣り、フィルムカメラ、温泉旅行、車いじり、自転車などなど、あげると切りがありません。1日中、熊野の山の中で放浪していた頃が懐かしいです。しかし、食だけは切り詰めても凍結できません。だって、この地域は、食があってこその豊かさを謳歌できるのですから。

また、災害に絡んで趣味を出せているのがチェンソーですが、これはライフワークにしようとしています。自分にとってもWinWinの関係でないと、やはり無駄遣いには違いありません。でも、過去を振り返ると、この活動で回してきた自己資金は、通帳預金を見ても家1軒分では?と思うほどです。決して無駄とは思いませんが、「無駄やったね」とささやかれても仕方がない状況です。

いつも言っているのですが、活動が拡がっていないのは、第一に自分の能力、これに尽きます。また、第二以降はたくさんあって、この分野の国県市町の緊急雇用は、僕の活動と被ることが多く、痛手を被っています。また、似たような仕事が公的機関では雇用確保されているので、これも痛手です。NPOの仕事で関係者を訪れると、「あんたは行政の人?」って聞かれることもシバシバです。また、NPOとして参加する会議の相手先には、出張旅費や時間外手当のついた公務員がいることもシバシバです。そんなんで、よくも協働や新しい公などと言っているなと思うほどです。とある某会議への出席を辞めたのも、純然たる民間NPO以上に、ほとんどが公的機関の職員が集まっているからです。生煮えのような議論に、時間と薄いとはいえ能力を消費するのが、本当に無駄ではと感じて辞めました。

それでも、NPOで働くことは誇りです。いまは埃程度ですが、次に続く者たちに誇りを持ってもらえるような地ならしをしたいと考えています。おそらく、僕が活動しているうちは、NPOは仕事であっても、稼ぎまでには到達できないと考えています。しかし、その道筋をつけたり、基礎をこしらえたり、政策提言できたりは、十分にできると感じているのです。この地域で、それを視野に入れて活動する人間がいないと、率先する市民が残らなくなってしまいかねません。昨年の2つの大きな災害で、僕に確信めいた道筋が見えたのも確かです。2004年に志したことは、やはりこの地域だけでは成し得ないとも判断する結果となりました。

しかし、NPOでみた僕の身辺は、決して順風とも万全でもなく、むしろ後退しているのではと感じることの方が多いです。人の拠り所だった大同楽座を再び廃墟にし、コミュニティカフェのカフエクリームも、再びシャッター街の仲間入りをさせてしまいました。また、そこから派生したプロジェクトCReAMも、owasebon制作委員会も、いまは風前のともしびです。owasebonに至っては、次号の第41号で終刊する羽目になってしまいました。スタッフ不足を解消することができず、仕組みづくりと継続するコツを学んだだけです。その出力ができていないのは、本当に情けなく悔しい限りです。

それでも諦めないのは、第1に未練です。第2は絶対的にこの地域では必要と感じる信念です。この2つがあるうちは、僕がNPOで働くことに躊躇はないし、もっと上を目指したいと活動するだけです。そのために、みえNPOネットワークセンターの理事になり、県域のNPOの会議にも再び足を運ぶようになっています。そして、政策提言できる身近な立場として、市議会議員もしているのです。なので、議員側にNPOがわかる人間がいることは、実は大きな可能性だとも感じているのです。

昨年の台風12号の災害では、熊野市で頻繁にボランティアする機会がありました。このときは、NPOとしての参画でしたが、多くの住民には「尾鷲の市議会議員」として受け止められていました。これがやがて、熊野市議にも大きな影響を与えたと感じるし、熊野市議の皆さんにも、多くの支援と協力をいただく結果となりました。受け止められる立場で複雑な気分もありますが、刺激を与えるという点では、よいきっかけと今後の展開にもコツを知る機会になりました。今後も、僕にしかできないスタンスで、地域をまたいで活動していくことにしています。それが、熊野レストレーションの立ち上げにも繋がりました。

NPOで働くということは、僕にとっては真面目な仕事です。いつだったか、「議員とNPO(市民活動)は両輪の活動」と言って、「議員は何をやっても議員だろ」と、有権者にお叱りを受けたこともありますが、どちらの活動でも、結果として地域に貢献できているのであれば、あとは捉え方の問題でしかないのだと感じています。だからこそ、僕の活動は無駄ではないとの自負もあるのですが、さすがに手を取り合ってくれる身近な仲間がいないと、不安になることもあります。最後は、やはり人です。

猫の手も借りたいほどに、いまはスタッフが欲しいのですが、この地域で自立して生活基盤を築きながら活動していくには、それ相応と相当の認識と覚悟が必要です。もちろん、最大限の支援と協力はしますが、この指とまれをしてくれるスタッフを、全世界から募っていくことにもかわりはありません。絶対に、僕がやっていこうとする活動は、この地域には必要です。その必要性については、いまは周知も認知もままなりませんが、なんとなく1ヶ月ほど尾鷲に住んで、この地域をぶらりとするだけでも、その必要性に迫られると思います。率先する市民がいない地域は、過疎や少子高齢化などといったネガティブライフしかありませんが、率先する市民がいる地域では、過疎や少子高齢化を逆手にとった展開をしています。遠くの神さまが多いこの業界ですが、地域に根ざし、地域に支えられる仕組みづくりを本気でしていれば、結果はちゃんとあとから追いついてくると考えています。

NPOで働くことに誇りを持とう。
NPOとして自立することに精を出そう。

先輩方を見ていると、この業界での私は、実はど素人の領域なので、誰でも踏み込めると確信しています。それは、どの職域や立場からでも参画可能です。あとは、誇りを持てるかどうかだと感じています。

プラスな生活は、幸福度を増すのです。
この幸福度は、必ず周囲に伝染します。
それが、地域が輝くきっかけになります。

by kurage874 | 2012-02-23 02:51 |  海月のぼやき
<< 三重県立図書館がオモチロイ 川の字 >>