海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
今朝の地震警報を検証する
今朝の地震警報について、検証してみます。

僕はtwitterもやっているので、そこでの自身の投稿(ツイート)です。
c0010936_17194347.jpg
自身のツイート


私の第1報は、5時34分18秒でした。
緊急地震速報が鳴って、直後にツイートできました。
つまり、その時間には、起きて仕事をやっていたからです。

一方、尾鷲市の防災メールは、5時58分に第1報でした。
ただし、自動応答による事前放送は、5時44分50秒以前でした。
その後、5時53分53秒頃に、職員による放送がありました。
やはり、タイムラグなど、防災メールは、改善の余地がありそうです。

とは言え、朝方でしたので、とにかく慌てて飛び出した人もいるでしょう。できれば、もう少し落ち着いて、または事前に学んでいればと考えるところはあります。なぜなら、慌てて飛び出すほうが危険な場合があります。飛び出して車に轢かれてしまった方も、過去には別の場所ですがありました。今回でも、慌てて2階の窓から逃げようとし、骨折した方もいたようです。なによりも、地震と津波からは、逃げるのが一番ですが、このときに怪我をしてしまうと、かえってその後の始末に困ることがでてきます。また、事前にということは、緊急地震速報では、地震の震源域が離れていることが明らかでしたし、直後の揺れに関しても、津波が発生するようなものではありませんでした。備えることは大事ですが、慌てることは命取りにもなります。

ただし、こういったことをレクチャーしてくれるところがないので、東紀州コミュニティデザインの活かされどころだと感じてもいます。東紀州コミュニティデザインの防災・減災事業部では、地域防災まちづくりにも取り組んでいます。

結果的には、この地域には大きな影響はなく、しばし地震から遠ざかっていた身としては、気が引き締まる機会にもなりました。一方で、1995年の阪神淡路大震災と似通った時間帯であったことから、あの震災を思い起こした方もいたことでしょう。僕自身も、とっさにあの時の記憶がよみがえってきました。

あと、この地震の直後より、次の地震を勝手に予測する煽り的なツイートや、前兆地震を思わせるような書き込みも相次ぎました。また、東日本大震災をなぞらえて、不謹慎なツイートも見られました。ここが、SNSが信用され難い負の面ですが、ネチケットが求められる部分であるとともに、利用者側の目利きも必要なところです。とくに、僕のような立場では、憶測や素人判断のツイートは、少なからず悪影響を与えてしまうので、気をつけているところです。

余震に気をつけることはもちろんですが、過敏になることもないでしょう。しかし、あらためて備えをすることは大事ですし、インターネットを利用するときには、目を肥やすことも大切です。日常のなんでもないことから、防災や減災の取り組みはできるので、それが災害時にも転化できることを、広く多くの方に知っていただきたいと感じています。

しかし、やはり地震は気味が悪いですね。

by kurage874 | 2013-04-13 18:01 |  市民減災まちづくり
<< 日替わりコックさんのランチ予定表 日替わりコックさんのランチで石窯ピザ >>