海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
IVUSA関西活動報告会で感じた学生の力
日曜日、京都市呉竹文化センターに行ってきました。

時間通りに会場入りでき、エントランスホールでは、懐かしい顔や、先週会ったばかりの顔にも会えました。また、ホール内では、熊野レストレーションの会員さんにも来ていただきました。正会員のAさんは、近所に住んでいるとのことで、嬉しくも駆けつけていただきました。
c0010936_4592244.jpg
学生役員の紹介


IVUSAとの付き合いは、2004年の海山町災害ボランティアセンター以来ですが、その後の豊岡、岡谷、間接的ですが東日本大震災、そして熊野、宇治炭山と、災害ボランティア仲間として、これまでともに活動してきました。一昨年の熊野遠征からは、日常的な支援としての関わりを持つようになり、彼らを迎える側として、何ができるのかを考えるようにもなっています。
c0010936_531529.jpg
熊野での活動紹介


今回、この熊野での活動報告を聞くために参加させていただきました。報告を聞いた結果からですが、もっと受け入れ側を連れてくればよかったと感じました。IVUSAという団体が目指しているもの、IVUSAである学生の彼らが、なにを考えて活動しているのかということが、ヒシヒシと伝わって来ました。やはり、相手を知るということは、知る前と知ったあとでは、かなり印象も心象も変わるものです。僕はそれなりに、IVUSAのマインドを心得ているつもりですが、受け入れ側にはそこまではないとも感じられる場面もあります。彼らのマインドが理解不十分ですと、彼らの力を存分には引き出せないので、受け入れ側としての課題共有もしたいと感じたところです。
c0010936_5112967.jpg
発表者は、京都外語大2回生の中井さん


ところで、発表者の中井さんですが、しっかりとした口調で、自分の身体で感じたことを言葉に紡いでいる感じがしました。どこかに学生らしさというか、彼らゆえのホトバシルものがありました。災害支援で熊野を訪れ、やがて海岸の流木処理までやった縁で、熊野大花火大会のサポートもするようになったことが大筋ですが、非常によくまとめられていました。また、報告と合わせての映像のクオリティもよかったです。全てを、学生たちでつくりあげているということで、ここまでの苦労も大変なものだったと感じました。
c0010936_520434.jpg
10の活動の報告を聞きました


発表者のなかには、千葉県九十九里浜全域清掃大作戦を担当した立命館大の多田さんの姿もあり、知った顔の発表は、なんだか親が子どもの発表会に来ているようでもありました。また、個人的には、新潟県関川村「大したもん蛇祭り」を担当した、立命館大の中島さんの発表もよかったです。発表者には、それぞれサポートの学生がいて、それぞれ苦悩しながら今日を迎えたということでした。「人がようけおるってええなあ」って感じが、会場内随所にありました。この報告会は、新入学生の勧誘でもあるそうで、確かにここまで足を運び、彼らの生の声を聞いたからには、IVUSAのベストを着たくなるだろうなって感じもしました。
c0010936_5345086.jpg
CMT劇場に娘も釘付け


IVUSAは、CMTと言われる危機対応講習を必須としています。心肺蘇生法、包帯法、搬送法を主に学ぶそうですが、これを促す寸劇も、鬼気迫る演出でよかったです。少々場面設定が窮屈にも感じましたが、一方で、何を伝えたかったのががよくわかりました。僕も、救命措置や救助をした経験がありますが、ド素人ではなかなか手が出せないし、自分自身がパニックにもあります。事前に学べる救急法を知ることは、誰にでもできることで、学校現場での必須にするべきですし、大人になってからも、そのような場面を設定するべきと考えている一人です。救える命は、ほんの些細なことでも知っているか否かです。
c0010936_545278.jpg
石川学生代表のスピーチ


第21期の学生代表は、立命館大の石川君で、さすがにスピーチは堂々たるものでした。学生の熱意と、彼が最後に発した縁で繋がっていくくだりが、僕には印象的でした。それが、IVUSAだと感じるし、それを背負ってる学生代表の言葉だと感じました。全国規模で約2,000名の学生ボランティアを要するIVUSAですが、それだけいれば、まさにピンキリな面もあるでしょう。活動に参加する度合いもあるでしょうし、気持ちの持ち方もさまざまあるでしょう。しかし、こうして熱意に動く彼らが多いのも確かで、だからこそ、全国各地でIVUSAの名を馳せているのだと感じます。

僕は、IVUSAに共感することが多々あります。それは、IVUSAが持つ精神に対してです。一方で、学生ボランティアである彼らとは、人としての繋がりや、まさに縁を大切にしています。できうれば、彼らをIVUSAと一括りにするのではなく、個人の人間としてのつき合いをしたいとも考えています。四十を越えた僕には、彼らの名前を覚えておくことすら覚束ないのですが、それでもつき合いがあれば自然と覚えるものです。そういう僕自身、これまで一緒に活動したといっても、覚えているのはTさんくらいでした。彼女の印象は強くあって、やがて事務局に入った彼女とは、東日本大震災を契機に再び繋がっていくことになりました。

そのときに、IVUSAの精神を感じ、今後のつき合い方を考えるようにもなりました。もちろん、熊野での活動が大きかったのは言うまでもないし、西さん(夏希)、横田君(よこちゃん)、川上さん(真央)たちと知り合えたことで、彼らの輝ける場面をサポートしたいとも感じました。ほんま、四十のおっさんですが、人生の半分くらいの学生諸君を、僕はようけ覚えておくことができるようになっています。やはり、名前で呼び合えることは、縁あればこその繋がりです。そのためには、手前味噌ですが、熊野での活動にも足を運んでもらいたいです。また、そうなるように、受け入れ側としてのホスピタリティも必要です。

IVUSAは、今後も熊野での活動を視野に入れています。彼らにとっての熊野は、大きく捉えて南三重くらいでもかまいません。県をまたいでもいいくらいでしょう。彼らには、自治体間の境目なんてありません。そこに、IVUSAが求める熱意の種があれば、彼らは大挙としてやってきます。その種を蒔いておくのが、僕たちの仕事です。そして、その種をともに育てていくことが必要です。彼らは安価な労働力ではないし、単なるボランティアではありません。IVUSAとして、種から種へと循環させるために、継続的に足を運んでくれます。一方で、個人として彼らのなかには、IVUSAの枠にとらわれずに、この地にやってくることもあるでしょう。また、そうしたい気持ちにさせることが、僕らの使命でもあります。

報告会が終わり、その後のレセプションにも参加しました。彼らにとっては、息の抜けない場面であったかも知れませんが、きちんと理解しておくのが今回の目的でもあったので、あとで一緒に参加してくれた熊レスのAさんとも共有しておきます。そして、IVUSAの求めていることが結実できるように、この地域からできることを提案していきます。イマドキノワカモノが、と謗るより、イマドキノワカモノが意外にも純粋で単純明快であることを、僕やこの地域の受け入れ側も知っておくべきでしょう。IVUSAの彼らは、そのとき限り、いち学生限りではありません。これが、IVUSAの強みであり、この地域にもたらすであろう影響は、かなり大きなものだと感じています。

さて、IVUSAとの、次のミッションを提案するとします。

by kurage874 | 2013-05-14 06:25 |  東紀州コミュニティデザイン
<< Smileのランチを楽しむ pizzeria caffe ... >>