海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
紀北町燈籠祭でのごみナビ、大盛況!
とにもかくにも、まずはありがとうございました!

やっと7年目にして、30人の大台に達しました。今回は、32名のボランティアに集まっていただき、学生ボランティアのIVUSAからも、9人がプライベートで駆けつけてくれました。また、高校生の頃、ごみナビの姿をみていたという地元出身の19歳(20歳)の若者も、2人で参加してくれました。こいいうエピソードも嬉しい限りです。
c0010936_2318140.jpg
ミーティング中


毎年のように参加してくれる地元の方、伊勢の宮川花火でごみナビに参加している方、企業から毎年参加の中部電力さんなどなど、多彩な面々があつまるごみナビは、遠くは大阪や京都、滋賀、和歌山、愛知からの参加もありました。遠くから日帰りの方も多く、本当に頭の下がる思いです。
c0010936_23205351.jpg
凝ったつくりのエコステーション


露天や花火を楽しみながら、この日に出会ったボランティア同士で、和気あいあいとごみナビは進んでいきます。最後のミーティングのとき、facebookで繋がりあったのですが、多い人で15人以上もこの日に顔見知りとなりました。こういうことも橋渡しできる東紀州コミュニティデザインは、手前味噌ですがステキじゃないかな?
c0010936_2325183.jpg
今年はごみも多かった


c0010936_23253538.jpg
夜になるに連れて盛り上がる


ごみナビも、燈籠祭を支える裏方です。今年は、河村実行委員長さんにも足を運んでいただき、ボランティアさんを労っていただきました。河村こうじ屋さんらしい人柄ですが、「なんで、アフロのカツラなんやろね?」と囁かれていました。なんでやろ?

ごみナビやエコステーションの認知は進んでいて、とくに子どもの分別はほぼ100%です。しかし、ちょっと暗がりに足を運ぶと、ごみが散乱、点在しています。単純に、意識の問題ですが、会場からごみを減らすことは、ごみナビによるエコステーションのごみの量を見ても不可能ではありません。これだけの量を、ちゃんとエコステーションに届けてくれるお客さんがたくさんいるからです。

新たな課題もみつかりましたが、一つ一つクリアしていき、ボランティアにとっても、もちろん実行委員会にとっても、双方に満足いただけるごみナビになればと考えています。今年は、参加者の多さもありましたが、大きな山を越えた気がしました。そして、またさらに大きな山に立ち向かえそうです。

この地域でのごみナビは、参加者の少なさからはじまり、毎年ヤキモキしながら、勧誘や広報にも力を入れて来ました。地道な活動ですが、やがては持ち帰りが当たり前となるイベントになっていけば、もっと花火に費やす余裕も生まれてくるかも知れませんね。

しかし、ここだけの話。さすがに40歳で会場内をくまなく歩きまわるのは、翌日以降に答えが出てきて息苦しいばかりです。それと、日焼けも進み、国籍が変わったんじゃないかと、見間違えるほどになっています。

提供:阿部さん


でも、ごみナビは楽しきってきますよ!

※このブログで、興味をもってくれた皆さん、おわせ港まつりのごみナビの申し込みです
■エコステーション設置数
 会場内6ヶ所

■スケジュール
 16時 現地集合
 17時 ごみナビ開始
 22時 終了

■申し込み
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95568158

by kurage874 | 2013-07-28 23:39 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 海軍熊野灘部隊戦没者慰霊祭に参列する 【飛鳥熊レス村】赤紫蘇の収穫、納品 >>