海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
近況など、少し
「いま、どこにおるん?」

そう聞かれるようになりました。
人によっては、尾鷲にはもういない人になっているようで…
選挙に落ちるということは、とくに僕のような立場ではね。
悪気はないかも知れませんが、まだいますよ。まだね。

「なにしよるんどな?」

そうも聞かれます。
確かに、収入が無くなったのも事実ですしね。
心配半分、興味半分でしょうか?そりゃね。
しかし、大概はこう切り替えしておきます。

「世捨て人のようにしてますからね」
「それでも、スタッフ2人いるんで、食べさせなアカンですしね」
「でも、今年いっぱいは、勤めるということはないですね」
「もちろん、娘もいるんで、生活してかなアカンですしね」

こんな具合に返答しています。どれも事実ですしね。

東紀州コミュニティデザインのスタッフが2人いるので、給料を出してあげなければなりません。仕事の対価ですから、当然のことです。しかし、いまやっている活動は、公共に近いことばかりになるので、収益がそれほど多くはありません。精一杯で僕がしてやれることは、維持費をトントンにすることです。しかし、人件費分も当然に面倒を見ているので、スタッフには説法のように言っています。

「いまの僕が稼ぐせめて3分の1を、君たちも稼いで欲しい」

もしそれが達成すれば、もちろん幾分は楽になりますが、根本の解決にはなりません。しかし、稼ぐことも考えるのが、うちの仕事のリクエストにはあります。わかりやすく言えば、日替わりコックさんの登録を増やし、日替わりランチの営業日を増やすことや、キタガワマーケットの出店者や収益企画を増やすことです。小さな収益を集めれば、そこそこの収入にはなるので、これからはじめなければなりません。また、それができないと、給料もやがては満足に出せなくなります。

もちろん、僕自身も、防災や災害支援などの講師や講座などでお呼びがかかれば、どこにでもいくようにはしています。コミュニティをつくっていく術のような話も、これまでの経験から実践できます。しかし、どこかに勤めるという考えはありません。貯金を切り崩しながらでも、稼ぐ方法をスタッフと考えたいからです。そうでないと、いつまでたっても負んぶに抱っこだし、本気で真剣に考えることがないからです。自分自身も、もっと追い詰めないとって感じがしています。

最終的な決断は、娘の生活を満足なものにしてあげられるかです。

それが達成できないような状況になれば、僕はなりふりかまわず働きます。尾鷲だけをターゲットにするつもりもありません。この僕が働ける場所で、娘のために汗をかきます。ただし、これまたたまに聞かれるのですが、「娘さんの支援(養育費など)はあるんかえ」ってね。「まったくないですよ」としか言えないので、相手が驚こうとも、それは事実ですから仕方がないです。どうも、嘘っぱちな話が出回ってることもあるようですが、娘は僕のもとにずっといて、誰の支援もあるわけでもなく、皆さんの愛情とともに育てています。

また、市民活動の拠点となるキタガワノホトリには、けっこうな資金を投入しています。以前のカフエクリームがあったCReAM Lab.とは、比較にならないほどです。だからこそ、そうそう早まるわけにも、諦めるわけにもいきません。そのために、スタッフ2人を雇用し、継続の道を必至になって探しているのです。また、ここには4組の個人事業主やボランティア団体も入居しています。大きな責任が、この僕にはあるのです。

あと最後に、いまでもやはり、僕は政治を目指す人のようです。そういうことが、気になって仕方ありません。それがなくなれば、もっと話は早いはずなんですけどね。

by kurage874 | 2013-08-07 01:22 |  海月のぼやき
<< ガスエビを食べる 単品でオリジナル定食をつくる楽しみ >>